TROUBLE

trouble - TROUBLE

SAINT VITUS、PENTAGRAM、THE OBSESSEDと並ぶUSドゥームの最重要バンド。

1979年イリノイ州シカゴで結成。Metal Bladeから発表した85年の1stから87年の3rdではBLACK SABBATH~NWOBHM影響下の正統派ドゥーム・メタルをやっていたが、Def Americanに移籍、Rick Rubinをプロデューサーに迎えた90年発表の4thから70年代風のヘヴィ・ロック路線に。同路線の最高傑作である5thを92年に発表。95年に6thをリリースした後、活動停止。02年に解散時の編成で再結成。7thを発表するもバンドの看板だったEric Wagner(Vo)が脱退。後任として元EXHORDER/ALABAMA THUNDERPUSSYのKyle Thomasを迎えて13年に8thを発表した。Ericは脱退後、09年にBLACKFINGERを結成し、14年に1stを発表。12年にはEricを含む元TROUBLEのメンバーによるプロジェクトTHE SKULLを結成。こちらも14年に1stを発表している。

001 1 - TROUBLE
”Trouble”(1984)

1.The Tempter 06:37
2.Assassin 03:13
3.Victim of the Insane 05:10
4.Revelation (Life or Death) 05:06
5.Bastards Will Pay 03:43
6.The Fall of Lucifer 05:44
7.Endtime 04:59
8.Psalm 9 04:49
Total:39:21    

Line Up: Eric Wagner (Vocals, ex-LID, THE SKULL, BLACKFINGER), Rick Wartell (Guitars), Bruce Franklin (Guitars), Sean McAllister (Bass), Jeff Olson (Drums)
Label: Metal Blade

SAINT VITUS、PENTAGRAMと並ぶ80年代USドゥームの最重要バンドの名盤1st。オリジナルのリリース元はMetal Blade。発売当時はセルフ・タイトルだったが、Def Americanに移籍してリリースした4thが同タイトルだったため改題された。BLACK SABBATH影響下のヘヴィなリフを基調としたスロー・パート中心だが、NWOBHM~正統派メタル風の疾走パートが特徴的。Eric WagnerのVoは高音のRob Halfordスタイル。CDにはオリジナル盤未収録だったCREAMのカバー”Tales of Brave Ulysses”を収録。

002 - TROUBLE
"The Skull" (1985)

1.Pray for the Dead 05:54
2.Fear No Evil 04:12
3.The Wish 11:35
4.Truth Is – What Is 04:39
5.Wickedness of Man 05:46
6.Gideon 05:10
7.The Skull 05:51
Total:43:07     

Line Up: Eric Wagner (Vocals, ex-LID, THE SKULL, BLACKFINGER), Rick Wartell (Guitars), Bruce Franklin (Guitars), Sean McAllister (Bass), Jeff Olson (Drums)
Label: Metal Blade

前作と同じ布陣で制作された85年発表の2nd。サウンド・プロダクションが向上し、BLACKSABBATH直系のリフはよりヘヴィに、かつダークな雰囲気が強くなった。前作同様疾走パートも織り込みつつ、曲はプログッレシヴ・ロックを思わせる複雑な展開を見せる。#3”The Wish”は11分超えの大曲。CATHEDRAL~Rise Above RecordsのLee Dorianが「未来永劫フェイバリットのドゥーム・メタル・アルバム」として偏愛する一枚。

003 1 - TROUBLE
"Run to the Light" (1987)

1.The Misery Shows 05:36
2.Thinking of the Past 03:52
3.On Borrowed Time 05:26
4.Run to the Light 06:02
5.Peace of Mind 03:03
6.Born in a Prison 04:49
7.Tuesday’s Child 03:25
8.The Beginning 05:26
Total:37:39    

Line Up: Eric Wagner (Vocals, ex-LID, THE SKULL, BLACKFINGER, ), Rick Wartell (Guitars), Bruce Franklin (Guitars), Ron Hozner (Bass, ex-DEBRIS INC., PLAECE OF SKULLS, THE SKULL), Dennis Lesh (Drums)
Label: Metal Blade
リズム・セクションがDennis Lesh(Ds)と後にSAINT VITUSのDave ChandlerのDEBRIS INC.に参加するRon Hozner(B)に交代。後にD.R.I.等を手掛けるJim Faraciをプロデューサーに迎えて制作された3rd。複雑な曲展開は前作同様だが、ドゥーム色が後退し、ヘヴィ・メタル色が増している。#1などスラッシュ的アプローチの曲も目立つのは時代故か。ドゥーム・ファンからの評価は低いが決して悪い内容ではない
004 1 - TROUBLE
"Trouble" (1990)

1.At the End of My Daze 03:13
2.The Wolf 04:33
3.Psychotic Reaction 03:15
4.A Sinner’s Fame 04:18
5.The Misery Shows (Act II) 07:21
6.R.I.P. 04:08
7.Black Shapes of Doom 03:47
8.Heaven on My Mind 04:09
9.E.N.D. 02:23
10.All Is Forgiven 05:12
Total:42:19     

Line Up: Eric Wagner (Vocals, ex-LID, THE SKULL, BLACKFINGER, ), Rick Wartell (Guitars), Bruce Franklin (Guitars), Ron Hozner (Bass, ex-DEBRIS INC., PLAECE OF SKULLS, THE SKULL), Barry Stern (Drums, ex-ZOETROPE)
Label: Def American

Metal Bladeを離れ、Def Americanへ移籍して発表された4th。プロデューサーはレーベル・オーナーのRick Rubin。DsがDennis Leshから元ZOETROPEのBarry Sternに交代している。前作までのメタル然とした音楽性から離れ、70年代ハード・ロック的なヘヴィ・グルーヴを導入。Eric Wagnerもハード・ロック風の歌唱にシフト。後のストーナ・ロックを先取りしたかのようなサウンド。次作には及ばないが、#1、#5、ORANGE GOBLINがカバーした#7など名曲多数。

005 1 - TROUBLE
"Manic Frustration" (1992)

1.Come Touch the Sky 02:54
2.’Scuse Me 03:25
3.The Sleeper 03:14
4.Fear 03:38
5.Rain 04:17
6.Tragedy Man 04:17
7.Memory’s Garden 04:24
8.Manic Frustration 04:10
9.Hello Strawberry Skies 03:04
10.Mr. White 03:26
11.Breathe… 06:30
Total:43:19     

Line Up: Eric Wagner (Vocals, ex-LID, THE SKULL, BLACKFINGER, ), Rick Wartell (Guitars), Bruce Franklin (Guitars), Ron Hozner (Bass, ex-DEBRIS INC., PLAECE OF SKULLS, THE SKULL), Barry Stern (Drums, ex-ZOETROPE)
Label: Def American

前作と同じ布陣、セッション・プレイヤーとしてRick Seratte(Key)が参加。前作のハード・ロック路線を推し進めた5th。CHURCH OF MISERYもカバーした#1”から、アップ・テンポの#2”、#3”、ザクザク刻むギターと横ノリグルーヴが心地いい#4までの流れは完璧。続くアコースティック・バラードの#5も男泣き必至の名曲。スライド・ギターのソロが光る#8、抒情的なバラード#11”も素晴らしい。捨て曲が一切無い大名盤。前作と共に入手困難な状態だが何としてでも聴いて欲しい。

006 3 - TROUBLE
"Plastic Green Head" (1995)

1.Plastic Green Head 03:35
2.The Eye 04:20
3.Flowers 04:20
4.Porpoise Song 04:42
5.Opium-Eater 04:25
6.Hear the Earth 03:59
7.Another Day 04:53
8.Requiem 04:53
9.Below Me 02:44
10.Long Shadows Fall 03:38
11.Tomorrow Never Knows 05:23
Total:46:52     

Line Up: Eric Wagner (Vocals, ex-LID, THE SKULL, BLACKFINGER, ), Rick Wartell (Guitars), Bruce Franklin (Guitars), Ron Hozner (Bass, ex-DEBRIS INC., PLAECE OF SKULLS, THE SKULL), Jeff Olson (Drums)
Label: Century Media

Def AmericanからCentury Mediaに移籍。Barry Stern(Ds)が脱退。1st、2ndで叩いていたJeff Olsonが復帰した。後にKREATORなどを手掛けるVincent Wojnoをプロデューサーに迎えて制作された6th。前作のヘヴィ・グルーヴ路線は変わらず。前作には及ばないが内容は良い。#4のThe Monkees、#11のThe Beatlesのカバー。US盤のみ収録のボーナス・トラック#12” Till the End of Time”も名曲。本作発表後にEricが脱退。元EXHORDERのKyle Thomasが加入するも長くは持たず、00年にEricが復帰。

007 2 1018x1024 - TROUBLE
"Simple Mind Condition" (2007)

1.Goin’ Home 04:02
2.Mindbender 03:49
3.Seven 04:57
4.Pictures of Life 03:53
5.After the Rain 05:30
6.Trouble Maker 04:07
7.Arthur Brown’s Whiskey Bar 04:23
8.Simple Mind Condition 03:41
9.Ride the Sky 02:46
10.If I Only Had a Reason 04:18
11.The Beginning of Sorrows 04:18
Total:45:44

Line Up: Eric Wagner (Vocals, ex-LID, THE SKULL, BLACKFINGER), Rick Wartell (Guitars), Bruce Franklin (Guitars), Chuck Robinson (Bass, ex-BLACKFINGER, ex-TOURTURED SOUL), Jeff Olson (Drums)
Label: Escapi Music

活動停止を経て12年振りに発表された7th。BがRon HolznerからTHE TORTURED SOULのChuck Robinsonに交代。プロデュースは前作も手掛けたVincent Wojno。路線は前作と変わっていないが、Eric WagnerはLIDで披露した中低音域での浮遊感のある歌唱にシフト。これぞTROUBLE!な快作。#9”Ride The Sky”はドイツのハード・ロック・バンドLUCIFER’S FRIENDのカバー。ちなみに本作は05年に逝去したBarry Stern(Ds)に捧げられている。

008 2 - TROUBLE
"Distortion Field" (2013)

1.When the Sky Comes Down 05:43
2.Paranoid Conspiracy 04:06
3.The Broken Have Spoken 04:12
4.Sink or Swim 05:55
5.One Life 06:13
6.Have I Told You 04:36
7.Hunters of Doom 04:24
8.Glass of Lies 05:04
9.Butterflies 04:52
10.Sucker 03:43
11.The Greying Chill of Autumn 05:21
12.Bleeding Alone 01:35
13.Your Reflection 05:47
Total:01:01:31

Line Up: Rick Wartell (Guitars, Bass, Backing Vocals) Bruce Franklin (Guitars, Bass, Backing Vocals) Kyle Thomas (Vocals, ex-ALABAMA THUNDERPUSSY, EXHORDER) Mark Lira (Drums, Percussion)
Label: FRW Music

7年振りの8th。リズム隊がMark Lira(B)、Rob Hultz(Ds)に交代。前任ドラマーのJeff Olsonはキーボードでゲスト参加している。Eric Wagner(Vo)が再脱退し、元EXHORDER/ALABAMA THUDERPUSSYのKyle Thomasが再加入。Ericが歌わない初のアルバムということで不安の声もあったが、これは傑作! 従来の重さ、妖しさに、Kyleの漢臭さと泥臭さが違和感なく見事に合致。Kyleの熱い歌声(初期のEric Wagner風)にBruceとRickのギターコンビが野太いコーラスと白熱のギター・プレイで応える。#1の”It’s time to start a war”という勇猛な歌詞の一節通り、”新生Trouble”の幕開けに相応しい一枚。