ACRIMONY

acrimony - ACRIMONY
Acrimony Hymns to the Stone - ACRIMONY
“Hymns to the Stone” (1994)

1.Leaves of Mellow Grace 05:48     
2.The Inn 04:34     
3.Second Wind 05:36     
4.Spaced Cat #6 06:37     
5.Urabalaboom 04:23     
6.Herb 03:21     
7.Magical Mystery Man 03:08     
8.Whatever 07:02     
9.Cosmic A.W.O.L. 04:33     
Total:45:02

Line Up:Darren Ivey (Drums, Percussion, SIGIRIYA), Stuart O’Hara (Guitars, SIGIRIYA, ex-IRON MONKEY), Lee Davies (Guitars, LIFER), Dorian Walters (Vocals, Percussion, ex-SIGIRIYA), Paul Bidmead (Bass, SIGIRIYA)
Label: Godhead

92年結成、90年代の英国ドゥーム/ストーナー・シーンの代表格的バンドの1st。93年ごろまではドゥーム/デスメタル・バンドだった。約6分と割と短め(ていうか普通か…)の#1からACRIMONY節が炸裂。ドゥーミィなスローパートとハードコア、というよりSAINT VITUS風のアップテンポを巧みに織り交ぜた良曲。以降も極上のリフと押し引きの手練手管を駆使したハイエンド・トリップが45分。2ndに比べるとアルバム全体的に靄がかかったようなモクモク、モコモコとした、いかにも90年代アングラ・ドゥームといった具合の音質。後にスプリットをリリースする初期CHURCH OF MISERYとの共通点を多く見出せたのが嬉しい発見でした。現在は廃盤で再発もされておらず、プレミアが付いた状態。

003 - ACRIMONY
“Tumuli Shroomaroom” (1997)

1.Hymns to the Stone 09:07
2.Million Year Summer 04:49
3.Turn the Page 01:46
4.Vŷ 06:00
5.Find the Path 04:08
6.The Bud Song 04:48
7.Motherslug (The Mother of All Slugs)     11:05
8.Heavy Feather 10:00
9.Firedance 13:17
Total:01:05:00     

Line Up:Darren Ivey (Drums, Percussion, SIGIRIYA), Stuart O’Hara (Guitars, SIGIRIYA, ex-IRON MONKEY), Lee Davies (Guitars, LIFER), Dorian Walters (Vocals, Percussion, ex-SIGIRIYA), Paul Bidmead (Bass, SIGIRIYA)
Label: Godhead

英国のSTONER/DOOMシーンを代表するバンドだったACRIMONYの名盤2nd。当時、『瞑々』という邦題で日本盤リリースもされていた。07年にLeaf Hound Recordsより『無限への旅』という邦題で再発(画像は再発時のもので、TAINTHARKのJimbob Isaacが担当)。音質が格段に向上。リフの破壊力と楽曲の練り込みはますます磨きがかかり、もはや神域に達している。特にテンポチェンジは悶絶モノ!トランシーなミニマル・パートに神秘性も加わり、歌詞もドラッグに宇宙にケルト神話と・・・嗚呼、最高。縦に横に前に後ろにと振り回される暴力的なグルーヴは圧倒的で、聴き終わる頃には薄っぺらい自我が引き剥がされている。バンドは2001年に解散。現在、Gの片割れとB、Ds(1stではVoも)はSIGIRIYAでよりストレートなヘヴィ・ロックをプレイしている。