PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs 768x846 - PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS
Feed the Rats 1024x1024 - PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS
“Feed The Rats” (2017)

1.Psychopomp 15:06
2.Sweet Relief 04:38
3.Icon 16:59
Total:36:43

Line Up:John-Michael Hedley (Bass, Khünnt), Sam Grant (Guitars, Khünnt),
Adam Ian Sykes (Guitars, ex-Khünnt), Matt Baty (Vocals, Khünnt), Ewan Mackenzie (Drums, ex-Snowblood)
Label:Rocket

ドローン/スラッジメタル・バンドKhünntのメンバーを中心に2012年に結成された、英国はニューカッスルの5人組による1st。バンド名はPigs×7と略される。初期MONSTER MAGNETBLACK SABBATHにガッツリ寄せたような、スペーシーなギターと延々と反復するリフ主体の酩酊ドゥームロック。ヴォーカルもDave Windorf風で、SONS OF OTISのKen BalukeやMOTÖRHEADのLemmyの名前も浮かんでくる、リバーブの掛かったアクの強い歌声。#1は2、3曲をシームレスに繋いだような長尺曲(5分間隔ぐらいで転調する)で、これがまた激しく酩酊を誘う繋ぎ方。シングル曲#2はタイトで骨太なハードロック。#3はスラッジの影もちらつく導入からHAWKWINDとSABBATHが乱交を繰り広げるアップテンポのスペースロックへと展開する。冒頭ではMONSTER MAGNETの名前を挙げましたけど、BLACK SABBATHとHAWKWINDとMOTÖRHEADの合いの子と考えれば、実に英国的なバンドと言えるかもしれない。

2018pigs7 King of Cowards 1024x1024 - PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS PIGS
“King of Cowards” (2018)

1.GNT 05:49
2.Shockmaster 06:10
3.A66 08:52
4.Thumbsucker 07:46
5.Cake of Light 03:45
6.Gloamer 08:02
Total:40:24

Line Up:John-Michael Hedley (Bass, Khünnt), Sam Grant (Guitars, Khünnt),
Adam Ian Sykes (Guitars, ex-Khünnt), Matt Baty (Vocals, Khünnt), Chris Morley (Drums, Gnod, Queer’d Science, Kraus Kinski)
Label:Rocket

2ndフル。ドラムがレーベルメイトでもあるマンチェスターのエクスペリメンタル・サイケ集団GNODのChris Morleyに交代。基本的な路線は変わらず。カッコいいリフの反復は正義。今作では尺を短かめにして、ビシッとタイトにまとめあげてきました。男臭いコーラスが熱気を上昇させるアップテンポのストーナー#1、スペーシーなクラウトロックとCHURCH OF MISERY風の肉食系ブルータル・ハードロックが入り乱れる#3、絶妙なテンポチェンジが気持ちいい#4、シンプルなリフを巧みに伸縮させるラスト#6。様々なバンドの名前が頭に浮かんでくる中で特別似ているというわけではないけれど、英国の先輩バンドACRIMONYと同じく快楽のツボを心得ているバンドだなと思う。