CATHEDRAL

cathedral - CATHEDRAL

90年代に”ドゥーム・メタル”を定義し、普及させた最大の功労者。NAPALM DEATHのヴォーカルだったLee Dorian(Vo)、英国のスラッシュ・メタル・バンドACID REIGNのギタリストだったGaz Jennings(G)らによって結成。”世界最遅”と謳われた91年発表1st“Forest of Equilibrium”は、その異形のドゥーム・サウンドで世界中に衝撃を与えた。2nd”The Ethereal Mirror”ではハード・ロック的グルーヴを取り入れたキャッチーなサウンドに変化。コンスタントに作品を発表し続ける傍らLee Dorianは自身で立ち上げたレーベルRise Above Recordsを運営。ELECTRIC WIZARDORANGE GOBLINWITCHCRAFT等の作品をリリース。11年に次のアルバムを最後に解散することを表明。13年に10th “The Last Spire”を発表。23年に及ぶバンドの歴史に終止符を打った。解散後、LeeはRise Above Recordsの運営し、若手の発掘から70年代作品の再発まで手掛ける傍らGazとのバンドSEPTIC TANKや元ELECTRIC WIZARDのメンバーらと結成したWITH THE DEADで活動中。Gazは2013年にSERPENTCULTのメンバーらとドゥーム・バンドDEATH PENALTYを、2014年に元THE OATHのメンバーらとLUCIFERを結成(2017年に脱退)。

001 1024x1024 - CATHEDRAL
”Forest of Equilibrium”(1991)

1.Picture of Beauty & Innocence (Intro) / Comiserating the Celebration 11:15
2.Ebony Tears 07:45
3.Serpent Eve 07:40
4.Soul Sacrifice 02:55
5.A Funeral Request 09:17
6.Equilibrium     06:07
7.Reaching Happiness, Touching Pain 09:10
Total:54:09    

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, Effects, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Adam Lehan (Guitars, Acoustic Guitars, ex-ACID REIGN), Mark Griffiths (Bass, YEAR ZERO, ARKAZUM, ex-BLACKSTAR), Mike Smail (Drums, DREAM DEATH, PENANCE, ex-PENTAGRAM, ex-INTERNAL VOID)
Label: Earache

“世界最遅”を掲げ、当時のメタル・シーンに衝撃を与えた1st。メンバーはNapalm DeathのヴォーカルだったLee Dorian、Acid ReignのGaz Jennings(G)、Adam Lehan(G)、元DREAM DEATHのMike Small(Ds)、後にYEAR ZERO等で活動するMark Griffiths(B)の5人。今にも止まりそうな極遅のヘヴィ・サウンドと#1のフルートに象徴される耽美な中世的な世界観が聴き手を森の奥深くへと誘う。ドラマティックな#2はバンドの代表曲のひとつ。#4はアップテンポの70sハードロック風で2nd以降に引き継がれる路線の一曲。全作品を手掛けることになるDave Patchettのアートワークも完璧にフィットしている。必聴盤だが、ドゥーム入門には次作をどうぞ。

002 - CATHEDRAL
"The Ethereal Mirror" (1993)

1.Violet Vortex (Intro) 01:54
2.Ride 04:47
3.Enter the Worms 06:07
4.Midnight Mountain 04:55
5.Fountain of Innocence 07:12
6.Grim Luxuria 04:47
7.Jaded Entity 07:53
8.Ashes You Leave 06:21
9.Phantasmagoria 08:42     
10.Imprisoned in Flesh 01:44
Total:54:22     

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, Bass, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Adam Lehan (Guitars, ex-ACID REIGN), Mark Ramsay Wharton (Drums,  ex-ACID REIGN, ex-ASMOVEL)
Label: Earache

Mark Grifiths(B)とMike Small(Ds)が脱退。Mark Ramsey Wharton(Ds)が加入、BはGaz Jenningsが兼任。アメリカではメジャーから配給された経緯もあってか、音質が向上し、楽曲も格段にキャッチーになった名盤2nd。思わず体が揺れてしまう#2″Ride”、ポップで軽快な#4″Midnight Mountain”、アコギを使った静と動の対比が際立つ#4″Fountain of Innocence”などメリハリの利いた楽曲の数々が素晴らしい。前作の延長線上にある8分超えの#9″Phantasmagoria”など後半には一筋縄でいかないプログレッシヴな楽曲も。Lee Dorianのヘタクソだけど唯一無二の個性を放つ歌声(Winoとかと一緒で、何歌ってもLee Dorian印に)も特筆しておく。

003 - CATHEDRAL
"The Carnival Bizarre" (1995)

1.Vampire Sun 04:06
2.Hopkins (The Witchfinder General) 05:18
3.Utopian Blaster 05:41
4.Night of the Seagulls 07:00
5.Carnival Bizarre 08:35
6.Inertia’s Cave 06:39
7.Fangalactic Supergoria 05:54
8.Blue Light 03:27
9.Palace of Fallen Majesty 07:43
10.Electric Grave 08:25
Total:01:02:48     

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, Percussion, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, Mellotron, Keyboards, Percussion, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Leo Smee (Bass, Mellotron, AGE OF TAURUS, WITH THE DEAD, ex-FIREBIRD), Brian Dixon (Drums,  Percussion, Arabian Percussion, THE SKULL)
Label: Earache

Mike Small(Ds)が脱退し、Leo Smee(B)とBrian Dixton(Ds)が加入。2011年まで続くラインナップとなった3rd。プロデューサーはTHIN LIZZYCRADLE OF FILTHを手掛けたKit Woolven。
この時期の代表曲#2、BLACK SABBATHのTony Iommi御大がギター・ソロでゲスト参加した#3、記念すべき(?)「エル・ゾンビ/Blind Dead」ネタ・ソング第一弾で不吉なムードに満ちた#4、メロトロンを使用したメロディアスな#8と、随所でアングラ70sロックやプログレ・マニア振りを滲ませつつ、グルーヴとメロディが強化されたことで全作品中最も聴きやすい一枚となった。一般的なメタル・ファンの間では本作を最高傑作に推す声も多い。2011年の東京公演では本作から4曲(全アルバム中最多)がプレイされた。

004 - CATHEDRAL
"Supernatural Birth Machine" (1996)

1.Cybertron 71 / Eternal Countdown (Intro) 01:18
2.Urko’s Conquest 04:02
3.Stained Glass Horizon 05:29
4.Cyclops Revolution 07:07
5.Birth Machine 2000 08:59
6.Nightmare Castle 06:31
7.Fireball Demon 04:12
8.Phaser Quest 03:42
9.Suicide Asteroid 04:13
10.Dragon Ryder 13 05:52
11.Magnetic Hole 06:32
Total:57:57

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, Mellotron, Piano, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Leo Smee (Bass,  AGE OF TAURUS, WITH THE DEAD, ex-FIREBIRD), Brian Dixon (Drums,  Percussion, THE SKULL)
Label: Earache

前作から1年という短い期間で発表された4thフル。前作以上にハード・ロックに接近した作品だが、ブリティッシュというよりアメリカン。曲によってはストーナー・ロックにも聞こえる。製作期間の短さ故か、曲のアレンジはシンプルというかあまり練り込まれていない印象。そこに乗るLee Dorianのヴォーカルは今までになかった歌い方を試してみたり、ヤケクソっぽくなったりと、どこか浮いている。とはいえ、凡百のフォロワーの作品に比べれば十分高水準。

005 - CATHEDRAL
"Caravan Beyond Redemption" (1998)

1.Voodoo Fire 06:11
2.The Unnatural World 04:04
3.Satanikus Robotikus 05:01
4.Freedom 05:05
5.Captain Clegg 06:06
6.Earth Messiah 05:17
7.The Caravan 03:00
8.Revolution 07:08
9.Kaleidoscope of Desire 04:45
10.Heavy Load 06:08
11.The Omega Man 05:59
12.Dust of Paradise 14:03
Total:01:12:47

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Leo Smee (Bass,  AGE OF TAURUS, WITH THE DEAD, ex-FIREBIRD), Brian Dixon (Drums,  Percussion, THE SKULL)
Label: Earache

Andy Sneapをプロデューサーに迎えた2年ぶりの5th。シンプルな作風だった前作を反省してか、アレンジの光る曲が多く、Leeの歌声は吹っ切れたように力強い(下手だけど)。
カーニバル風のイントロから勢い漲るヘヴィロックに突入し、途中で挿入されるヴードゥードラム(?)も小気味良い#1、Jimi Hendrix風のファンキーな#4″Freedom”、同名のハマーフィルム・ホラーを題材にし、中間でメロトロンを使用した#5″Captain Clegg”、ストーナー風の#10″Heavy Load”、初期路線の#11″The Omega Man”(これも映画ネタ)、#12″Dust of Parade”など楽曲のバラエティも豊富。Cathedralの多彩な魅力がすべて詰め込まれた傑作。

006 1004x1024 - CATHEDRAL
"Endtyme" (2001)

1.Cathedral Flames 01:59
2.Melancholy Emperor 05:32
3.Requiem for the Sun 06:54
4.Whores to Oblivion 06:31
5.Alchemist of Sorrows 07:16
6.Ultra Earth 09:22
7.Astral Queen 06:38
8.Sea Serpent 05:47
9.Templars Arise! (The Return) 13:38
Total:01:03:37     

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, EATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Leo Smee (Bass,  AGE OF TAURUS, WITH THE DEAD, ex-FIREBIRD), Brian Dixon (Drums,  Percussion, THE SKULL)
Label: Earache

『黙示録』というコンセプトを掲げたCATHEDRAL史上最もヘヴィな大傑作6thフル。SLEEPNEUROSISの作品を手掛けたBilly Andersonによってスラッジ的なダーティで生々しい音像となり、超重量級暗黒ドゥームになった。原点回帰ともいえる遅重ドゥーム#1、#6、#8、2nd以降の路線であるグルーヴィな#2、サイケデリックなジャムで幕を開ける#3、キャッチーだがラストでノイズ地獄と化す#4 “、Planet Caravan風の幻想的な#7、ドラマティックな13分超えの大曲#13(「エル・ゾンビ/Blind Dead」ネタ)と、1st派でも2nd以降派でも十二分に満足できる内容。国内盤はDave Patchet、海外盤はSunn O)))他のStephen O’Malleyがアートワークを手掛けている。

007 - CATHEDRAL
"The VIIth Coming" (2002)

1.Phoenix Rising 03:52
2.Resisting the Ghost 02:37
3.Skullflower 05:44
4.Aphrodite’s Winter 05:04
5.The Empty Mirror 08:38
6.Nocturnal Fist 03:20
7.Iconoclast     05:19
8.Black Robed Avenger 06:46
9.Congregation of Sorcerer’s 04:39
10.Halo of Fire 07:21
Total:53:20     

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Leo Smee (Bass,  AGE OF TAURUS, WITH THE DEAD, ex-FIREBIRD), Brian Dixon (Drums,  Percussion, THE SKULL)
Label: Dream Catcher

前作発表後、Lee DorianはTEETH OF LION RULE THE DIVINEやDave GrohlのPROBOTに参加。本作は新たにDream Catcherに移籍して発表された7thフル。プロデューサーは2nd、4thを手掛けたKit Woolven。オルガンを導入した#4” Aphrodite’s Winter”やメロトロンが浮遊感を生み出している#5” The Empty Mirror”など印象的な曲もあるが、前作と次作が傑作だった為、ファンの間でも評価は低い。本ディスコグラフィーでは一番後回しでいいかも?

008 - CATHEDRAL
"The Garden of Unearthly Delights" (2005)

1.Dearth AD 01:01
2.Tree of Life & Death 04:36
3.North Berwick Witch Trials 05:58
4.Upon Azrael’s Wings 05:38
5.Corpsecycle 05:55
6.Fields of Zagara 01:58
7.Oro the Manslayer 07:29
8.Beneath a Funeral Sun 05:20
9.The Garden     26:59
10.Proga-Europa 05:58
Total:01:10:52     

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, Samples, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, Acoustic Guitars, Percussion, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Leo Smee (Bass, Mellotron, Flute, Synthetizers, Auto Harp,  AGE OF TAURUS, WITH THE DEAD, ex-FIREBIRD), Brian Dixon (Drums,  Percussion, THE SKULL)
Label: Nuclear Blast

一時期バンドを離れていたLeo Smee(B)が復帰。DOWNCROWBARを手掛けてきたWarren Rikerをプロデュースに迎え、3年振りに放った傑作8thフル。練り込まれたアレンジと多彩な楽曲は前作と同じ布陣と思えないほど。今作では新たにハードコア・パンク的な荒々しさとスピードを導入。約27分にも及ぶバンド史上最長の#9″The Garden”は当時英国プログレ/フォークロック・バンドCIRCULUSのメンバーだった女性ヴォーカルLo Polidoroが歌うメランコリックなパートとアグレッシヴでヘヴィなパートを織り交ぜたドラマティックなプログレ・ナンバー。

009 - CATHEDRAL
"The Guessing Game" (2010)

Disc 1
1.Immaculate Misconception 02:24
2.Funeral of Dreams 08:28
3.Painting in the Dark 06:18
4.Death of an Anarchist 07:12
5.The Guessing Game 03:08
6.Edwige’s Eyes 07:08
7.Cats, Incense, Candles & Wine 06:01
Total:40:39
     
Disc 2
1.One Dimensional People 02:30
2.The Casket Chasers 06:41
3.La noche del buque maldito (aka Ghost Ship of the Blind Dead) 05:46
4.The Running Man 08:46
5.Requiem for the Voiceless 09:50
6.Journeys into Jade 10:36
Total:44:09       

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, Samples, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars (lead), Percussion, Mellotron, Vocals (backing), DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Leo Smee (Bass, Guitars (additional), Synthersizer, Keyboards, Moog, Auto Harp,  AGE OF TAURUS, WITH THE DEAD, ex-FIREBIRD), Brian Dixon (Drums, Vocals (backing), THE SKULL)
Label: Nuclear Blast

2枚組み80分超えの大作9thフル。これまでの作品でも見せていたプログレ、フォーク、サイケ色を前面に押し出しした一枚で、予測不可能な曲展開、メロトロン、シタール、ヴァイオリンなど多彩な楽器の使用。重量級のギターとホラー映画のサウンドトラックを想起させる鍵盤のオープナー#1に始まり、自身が培ってきたヘヴィネスと60~70年代プログレ、サイケ、フォークへの深い敬愛が丹念に練りこまれている。近年氾濫するモダン・レトロ志向のバンドとは引き出しの数と格の違いを見せ付ける。Disc-1の#2と#7にはLeeが敬愛するアイルランドのフォーク・ロック・バンドMELLOW CANDLEの女性ヴォーカルAlison  O’Donnellが参加。

010 - CATHEDRAL
"The Last Spire" (2013)

1.Entrance to Hell 03:07
2.Pallbearer 11:38
3.Cathedral of the Damned 05:48
4.Tower of Silence 06:53
5.Infestation of Grey Death 09:01
6.An Observation 10:19
7.The Last Laugh 00:38
8.This Body, Thy Tomb 08:46
Total:56:10     

Line Up: Lee Dorrian (Vocals, SEPTIC TANK, TEETH OF LIONS RULE THE DIVINE, WITH THE DEAD, ex-NAPALM DEATH) ,Gaz Jennings (Guitars, DEATH PENALTY, SEPTIC TANK, ex-ACID REIGN, ex-LUCIFER), Scott Carlson (Bass, REPULSION, SEPTIC TANK, ex-CHURCH OF MISERY, ex-DEATH), Brian Dixon (Drums, THE SKULL)
Label: Nuclear Blast

かくて円環は閉じる。13年発表の10枚目にして最終作。プロデューサーはANGEL WITCHHEXVESSELを手掛けたJaime Gomez Arellano。BはLeo Smeeが脱退したためREPULSION他のScott Carlsonが担当。前作のプログレ、サイケ、フォーク路線に1stの頃のような極重低音を取り戻した集大成的な作品。不穏なイントロからズルズルと引き摺るような遅重リフで始まり、中盤にアコギ&女性ヴォーカル(PURSONのRosalie Cunningham)~荒々しく疾走するアップ・テンポのパートを挟み、終盤で遅重リフに戻る#2は本作を象徴する名曲。#3にAUTOPSY他のChris Reifertがゲスト・ヴォーカルで参加。有終の美を飾るに相応しい作品。