THE RE-STONED

resto - THE RE-STONED
Stories of the astral lizard  1024x1019 - THE RE-STONED
“Stories of The Astral Lizard ” (2018)

1.Fractal Panorama 11:16
2.Mental Print For Free 03:38
3.A Companion From The Outside 06:56
4.Two Astral Projections 16:24
5.The Heather Carnival 04:32
6.Third Astral Projection (CD bonus) 06:10
7.Bronze Vibes (CD bonus) 03:11

Line Up:
Ilya Lipkin – electric & acoustic guitars, fx, bass, mandolina
Evgeniy Tkachev (aka Rasputin) – percussion, rain stick
Alexander Romanov – bass
Arkadiy Fedotov – synth
Sergey Andriashin – bass
Alina Barsukova – flute
Label: Oak Island

気づいたらビックリするぐらい多作になっていたロシアはモスクワのサイケデリック・ストーナー・バンドの7th。レコーディングは2015年に行われている。”Planet Caravan”な#1に始まり、いつ、どんなヘヴィ・リフが飛び出すのかと思いきや、アコギとIlya Lipkinの繊細なメロディに導かれるPINK FLOYD風の#2、フルートを導入した牧歌的なフォーク#5など全編アコースティック・ギターとパーカッションを軸にスペーシーなシンセ、レインスティックなどを織り交ぜたチルアウト・アルバムでした。ドゥーミィ&ヘヴィな2017年の前作から打って変わった作風に初見では驚かされましたが、これはこれで極上。この物語にどこまでも没入していたい気分になる深遠な一枚。

Chronoclasm 1011x1024 - THE RE-STONED
“Chronoclasm” (2017)

1.The sirens of titan 09:47
2.Human without body 07:15
3.Save me under the emerald grass 05:08
4.Psychedelic soya barbeque 08:02
5.Oc44 08:51
6.Chronoclasm 08:55
7.Quartz crystals (cd bonus) 09:08

Line Up:
ILYA LIPKIN – GUITARS, BASS (Quartz crystals), EFFECTS
VLADIMIR KISLYAKOV – BASS
YAROSLAV SHEVCHENKO – DRUMS
EVGENIY TKACHEV (RASPUTIN) – PERCUSSION (Quartz crystals)
Label: Oak Island

アルバム・タイトルの”Chronoclasm”は、「時計や時間に関わる物の(意図的な)破壊」、「コミュニティ内の線形時間の固定に関する矛盾による、一般的時間感覚への破壊願望」、「時間感覚の混乱によって摩耗した精神状態」(ほぼGoogle翻訳ママ)という意味があるらしく、なるほど(?)、ヴィンテージ・メタル風の柔らかくもエッヂの効いたギターの#1、ALICE IN CHAINSTHE OBSESSEDら90sヘヴィロックの分厚く陰気なグルーヴが支配する#2、#4、ウェスタン風のカントリー~フォークにサイケデリックなギターが入り混じった#3、Sabbathへと先祖帰りする#6と、時間というか、時代感覚(?)を軽々と越えていく。もはや時代は回るに留まらず、複雑に交差し入り乱れる現代が産んだ傑作!

Totems 1024x863 - THE RE-STONED
“Totems” (2014)

1.Fire Bear 07:14
2.Hypnosis 07:59
3.Chakras 05:44
4.Old Times 04:49
5.Melting Stones 02:54
6.The Barbarian Hymn 10:25
7.Shaman 08:03
8.Sleepwalker 03:03
9.Violet Harmonics 08:13

Line Up:
ILYA LIPKIN (guitars, bass, mandola, shaman drum, jew’s-harp, voice)
ALEXANDER ROMANOV (bass)
VLADIMIR MUCHNOV (drums)
EVGENY TKACHEV (percussion)
NIKOLAY FEDOROV (didgeridoo)
Label: R.A.I.G.
int 002 004 m - THE RE-STONED
“Plasma” (2012)

1.Faces Of Earth
2.Grease
3.Today
4.Acoustic
5.Moon Dust
6.The Clay God
7.Julia Dream
8.Alpha Rhythm

Line Up:
Ilya Lipkin – electric and acoustic guitars, bass, effects – all tracks
Veronika Martynova: vocal – “Today”, “Julia Dream”
Vasily Bartov: drums – “Grease”, “Moon Dust”, “The Clay God
Pavel Voloshin: drums – “Faces of Earth”, “Today”
Evgeny Tkachev: percussion – “Today”, “Julia Dream”, “Acoustic”
Arkady Fedorov: synth – “Grease”, “Acoustic”
Label: R.A.I.G.

ロシア・モスクワでIlya Lipkin(G)を中心に結成されたインストゥルメンタル(ほぼ)・サイケデリック・ストーナー・トリオの4thフル。サイケデリックな浮遊感、ストーナーのダウナー感覚、スペーシーなエフェクトに加えてアシッド・フォーク要素もあるのが特徴的。#3はJEFFERSON AIRPLANE、#7はPINK FLOYDのカバー。どちらも歌っているのはIlyaの奥方で一緒にフォーク・バンドもやっているVeronika Martynova。

restoned a4033459075 16 - THE RE-STONED
“Analog” (2011)

1.Northern Lights 05:58
2.Analog 10:48
3.Put the sound down or get the hell out 06:05
4.Crystals 09:34
5.Feedback 07:53
6.Music for Jimmy 07:27
7.Dreams of Vodyanoy 14:00

Line Up:
Ilya Lipkin – guitar
Vladimir Nikulin – bass
Vladimir Muchnov – drums
Label: R.A.I.G.

ロシアのサイケ・ストーナー・バンドの1st。近年隆盛を誇るロシア/ウクライナのドゥーム/ストーナー・シーンだが、EarthlessKarma to Burnのようなアグレッシヴなバンドは少なく、The Re-Stonedのような「ゆったり飛ぶ」バンドが多いのは寒い土地柄のの影響なのだろうか。随所にストーナーロック/メタル・リフを配した全編インストの激渋なサイケデリック・ジャム。メンバーと観客の恍惚とした表情が目に浮かぶ。寒空の下で吐く息はきっと虹色だろう。#7の”ヴォジャノーイ”(Vodyanoy)とは東欧に伝わるカエルのような姿をした水の妖精のこと。『シャーマン・キング』に出てたやつだ!

INTERVIEW