”サイケデリック・スラッシャー”映画『Lucifer’s Satanic Daughter』がクラウドファンディングを実施中。スコアにはELECTRIC WIZARDの書き下ろし楽曲も。

electric f8e9937c8e8152638820cae4d4604ed0 original - ”サイケデリック・スラッシャー”映画『Lucifer's Satanic Daughter』がクラウドファンディングを実施中。スコアにはELECTRIC WIZARDの書き下ろし楽曲も。

“血!ボング!オッパイ!”

ELECTRIC WIZARDの”Wicked Caresses”(“Wizard Bloody Wizard”収録)と”Satanic Rites of Drugula”(“Witchcult Today”収録)のMV(※”Satanic~”は非公式)を制作したChandler Thistle監督の”サイケデリック・スラッシャー”映画『Lucifer’s Satanic Daughter』(LSD!)がクラウドファンディングを実施中。

https://www.kickstarter.com/projects/770395572/lucifers-satanic-daughter-a-psychedelic-slasher-fi

あらすじは十代の若者グループが、”究極のトリップ”を齎すと言われるRicky “The Acid King” Kasso(実在の犯罪者。アメリカのドゥーム/ストーナー・バンドACID KINGの名前の由来)の隠しドラッグを探しに森へ行くと・・・、というもの。今年10月にRick Kasso事件についての著書が発売されるJesse P. Pollackが脚本の監修をしている。

electad original - ”サイケデリック・スラッシャー”映画『Lucifer's Satanic Daughter』がクラウドファンディングを実施中。スコアにはELECTRIC WIZARDの書き下ろし楽曲も。

今回のクラウドファンディングで集められた資金は主にフィジカルエフェクトに使用されるとのこと(“No CGI bullshit”!)。
金額は1豪ドルから。10ドルでクレジットに名前が記載、20ドルでHDデジタル・ダウンロード、66ドルで特典映像満載のBlu-ray(リージョン・フリー)、130ドルで13本限定のVHS、420ドルで映画内で殺される役、666ドルでセリフ付きの役が貰えるなど様々な特典アリ。
本誌的目玉はなんといってもELECTIRC WIZARDによる書き下ろし曲含むサウンドトラック!
『ペキンパーVol.5』のインタビューでJusが言っていた「ポルノ映画のサントラを制作中」というのは本作のことだろうか?とりあえず10ドル払ってみようかな・・・。

Instagram: www.instagram.com/greyarea_productions/

Facebook: www.facebook.com/GreyAreaProd/