PENTAGRAM

008 - PENTAGRAM

ドゥーム・メタルの生ける伝説、Bobby Liebling(Vo)率いるワシントンDCのバンド。結成は古く71年にまで遡り、MACBRE、VIRGIN DEATH、WICKED ANGELと様々な名前で活動していたが最終的にPENTAGRAMに落ち着く。当初はBLUE CHEERSIR LORD BALTIMOREに影響されたアメリカン・ハード・ロックをプレイ。その頃の音源は2枚組のデモ/レア音源集「First Here Days Too」で聴く事が出来る。76年に一旦解散。Joe Hasselvander(Ds)、Victor Griffin(G)が在籍していたDEATH ROWにBobbyが加入し、83年にPENTAGRAMとして復活。その後、メンバーチェンジを繰り返しながら現在も活動中。2011年にはBobbyの親元寄生&ヘロ中っぷりを赤裸々に映し出したドュメンタリー「Last Days Here」が公開され、音楽面以外での注目も集めた。2015年に9枚目のアルバム”Curious Volume”をリリース。2017年、Bobbyが母親への暴行容疑で逮捕。18か月の実刑判決を受けてしまった・・・。

001 - PENTAGRAM
”Pentagram”(1985)

1.Relentless 03:50
2.Sign of the Wolf (Pentagram) 03:10
3.All Your Sins 04:38
4.Run My Course 02:46
5.Death Row 04:14
6.Dying World 04:00
7.The Ghoul 05:14
8.You’re Lost, I’m Free 02:18
9.The Deist 03:48
10.Sinister 04:33
11.20 Buck Spin 04:20
Total:42:51     

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Victor Griffin (Guitars, IN-GRAVED, PLACE OF SKULLS), Joe Hasselvander (Drums, RAVEN, THE HOUNDS OF HASSELVANDER), Martin Swaney (Bass, ex-THE HOUNDS OF HASSELVANDER)
Label: Pentagram

1971年結成。当初はハード・ロックをプレイ。80年代以降はドゥーム・メタルの代表格となるPENTAGRAMが結成14年目にして放った1st。邦題『無慈悲な安息日』。メンバーはBobby Liebling(Vo)、Victor Griffin(G)、Martin Swaney(B)、現RAVENのJoe Hasselvander(Ds)。ヘヴィさ、妖しさ、ローファイな音質とドゥームのすべてが詰まった大傑作。初期CATHEDRALもライブでカバーしていた“All Your Sins”、アップテンポの“Sign of the Woif”、陰鬱ドゥーム””The Ghoul”と、とにかく名曲揃い。必聴。Pentagram Recordsから発売されたオリジナル・ヴァージョンと93年のPeacevilleからの再発(『Relentless』)で曲順が異なる。個人的には”Sign of~”と”The Ghoul”が並んでいる再発バージョンの方が良い(上記曲順はオリジナルのもの)。

002 - PENTAGRAM
"Day of Reckoning" (1987)

1.Day of Reckoning 02:43
2.Broken Vows 04:38
3.Madman 04:18
4.When the Screams Come 03:43
5.Burning Savior 09:08
6.Evil Seed 04:39
7.Wartime 05:22
Total:34:31    

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Victor Griffin (Guitars, IN-GRAVED, PLACE OF SKULLS), Joe Hasselvander (Drums (track 5)), RAVEN, THE HOUNDS OF HASSELVANDER), Martin Swaney (Bass, ex-THE HOUNDS OF HASSELVANDER), Stuart Rose (Drums (tracks 1-4, 6, 7))
Label: Napalm

大傑作1stから2年後に発表された2nd。衝撃度は前作ほどではないが、こちらも名盤。邦題『最後の審判』表題曲でオープニングの#1(名曲!)はアップ・テンポだが、以降はミッド~スロー・テンポ中心であり、前作以上に“ドゥーム・メタル”している。Victor Griffin(G)のソロが光る#4″When the Scream Come”、スウェーデンのドゥーム・メタル・バンドBURNING SAVIOURSの名前の元ネタにもなった9分超えのエピックな#5も素晴らしく、最後まで良曲が並ぶ。

003 - PENTAGRAM
"Be Forewarned" (1994)

1.Live Free and Burn 03:08
2.Too Late 04:37
3.Ask No More 04:07
4.The World Will Love Again 05:13
5.Vampyre Love 03:41
6.Life Blood 07:02
7.Wolf’s Blood 04:26
8.Frustration 03:36
9.Bride of Evil 04:34
10.Nightmare Gown 02:53
11.Petrified 05:54
12.A Timeless Heart 02:24
13.Be Forewarned 07:14
Total:58:49    

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Victor Griffin (Guitars,Piano, Backing Vocals, IN-GRAVED, PLACE OF SKULLS), Joe Hasselvander (Drums, RAVEN, THE HOUNDS OF HASSELVANDER), Martin Swaney (Bass, ex-THE HOUNDS OF HASSELVANDER),
Label: Peaceville

前作から7年振りにPeacevilleからリリースされた3rd。邦題『魔界からの警告』。音質が飛躍的に向上。各楽器の抜けがよくなり、非常に聴きやすくなった。Bobbyの歌声もOzzy風粘着質ヴォーカルからハイトーンでの歌唱に変化している。一般的なメタル・リスナーにもアピールできる一枚。妖しさ、邪悪さは薄れており、ドゥーム・メタル好きには物足りないかもしれない。異様なまでの禍々しさを放つ#11”Petrified”は名曲。

004 - PENTAGRAM
"Review Your Choice" (1995)

1.Burning Rays 02:35
2.Change of Heart 05:28
3.Living in a Ram’s Head 02:37
4.Gorgon’s Slave 06:31
5.Review Your Choices 03:21
6.The Diver 02:53
7.The Bees 02:28
8.I Am Vengeance 05:24
9.Forever My Queen 02:38
10.Mow You Down 03:12
11.Downhill Slope 03:58
12.Megalania 07:08
13.Gilla? 00:49     
Total:49:02     

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Joe Hasselvander (All instruments, RAVEN, THE HOUNDS OF HASSELVANDER)
Label: Black Widow

イタリアの名(迷)門ドゥーム・レーベルBlack Widowからリリースされた5年振り、5枚目のアルバム。Victor Grifin(G)はおらず、Bobby Liebling(Vo)とJoe Hasselvander(G, B, Ds)だけでレコーディングされており、JoeがVo以外のすべてを担当。ヘヴィでキレのあるリフを始め、本業がDsとは思えないほどJoeの各楽器での八面六臂ぶりがすごい。”Produced by Pentagram with Mike Hounshell”とされているが、実際はJoeがプロダクションも担当。#3” Living In A Ram’s Head”、#5” Review Your Choices”、#9” Forever My Queen”はリメイク曲。

005 - PENTAGRAM
"Sub-Basement" (2001)

1.Bloodlust 02:29
2.Buzzsaw 02:29
3.Drive Me to the Grave 04:32
4.Sub-Intro 03:59
5.Sub-Basement 06:03
6.Go in Circles (Reachin’ for an End) 05:19
7.Mad Dog 02:18
8.After the Last 03:48
9.Tidal Wave 04:40
10.Out of Luck 03:54
11.Target 05:10
Total:44:41     

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Joe Hasselvander (All instruments, RAVEN, THE HOUNDS OF HASSELVANDER)
Label: Black Widow

前作同様Bobby Liebling(Vo)とJoe Hasselvander(G, B, Ds)の二人体制で制作された5枚目。2001年9月11日にリリースされる予定だったが911テロの影響で17日発売となった。リ・レコーディング曲と新曲を織り交ぜているせいか、ヘヴィなアップテンポの#1”Bloodlust”、#3” Drive Me To The Grave”、メタリックな#2”Buzzsaw”、ドゥーミィな表題曲#5”Sub-Basement”、ブルージィな#7”Mad Dog”などバラエティ豊かな一枚。本作を最後にJoeが脱退。

006 - PENTAGRAM
"Show ‘em How" (2004)

1.Wheel of Fortune 03:47
2.Elektra Glide 03:31
3.Starlady 05:24
4.Catwalk 03:49
5.Prayer for an Exit Before the Dead End 05:50
6.Goddess 03:08
7.City Romance 04:36
8.If the Winds Would Change 04:43
9.Show ‘Em How 05:06
10.Last Days Here 05:11
Total:45:05    

Line Up:Bobby Liebling (Vocals), Kelly Carmichael (Guitars, INTERNAL VOID), Adam S. Heinzmann (Bass, INTERNAL VOID), Mike Smail (Drums, PENANCE, DREAM DEATH, ex-INTERNAL VOID, ex-CATHEDRAL) Label: Hellhound

Joe Hasselvanderが脱退し、メリーランドのドゥーム・メタル・バンドINTERNAL VOIDのKelly Carmichael(G)、Adam Heizman(B)、Mike Small(Ds)を迎えて制作された6枚目。布陣が変われどBobbyの存在感、独特の歌声は不変。新曲は#2”Elektra Glide、#5” Prayer For An Exit Before The Dead End”、#7”City Romance”の三曲のみで、残りはすべて70年代の楽曲のリメイク。それ故80年代のメタリックなテイスト暗さ、妖しさは薄れ、70年代スタイルのドゥーム・ロックとなっている。

007 - PENTAGRAM
"Last Rites" (2011)

1.Treat Me Right 02:32
2.Call the Man 03:49
3.Into the Ground 04:21
4.8 05:01
5.Everything’s Turning to Night 03:18
6.Windmills and Chimes 04:32
7.American Dream 04:32
8.Walk in the Blue Light 04:59
9.Horseman 03:38
10.Death in 1st Person 04:01
11.Nothing Left 03:36
12.All Your Sins – Reprise 00:57
Total:45:16     

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Victor Griffin (Guitars, Vocals, IN-GRAVED, PLACE OF SKULLS), Greg Turley(Bass,PLACE OF SKULLS), Tim Tomaselli (Drums, ex-PLACE OF SKULLS)
Label: Metal Blade

PLACE OF SKULLS、1st~3rdで弾いていたVictor Griffin(G)が復帰。同じくPLACE OF SKULLSのGreg Turley(B)とTim Tomaselli(Ds)が加入してMetal Bladeからリリースされた7th。当初は初期メンバーのGeof O’keef(Ds)、Greg Mayne(B)を迎え、Phil AnselmoのHousecore Recordsからリリースされる予定だったが実現せず。#5と#12は再録で、それ以外はBobbyが長年書き溜めていた楽曲を使用。ドゥームの要素もあるが、骨太のブルーズ/ハード・ロック風の曲が目立つ。#7ではVictorがVocalを務めている。バラードの#6はドキュメンタリー「Last Days Here」を観た後に聴くと目から汗が・・・。

penta - PENTAGRAM
"Curious Volume" (2015)

1.Lay Down and Die 02:54
2.The Tempter Push 04:09
3.Dead Bury Dead 04:38
4.Earth Flight 02:56
5.Walk Alone 03:21
6.Curious Volume 04:20
7.Misunderstood 03:21
8.Close the Casket 04:13
9.Sufferin’ 03:21
10.Devil’s Playground 04:37
11.Because I Made It 04:22
Total:42:12     

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Victor Griffin (Guitars, Vocals, IN-GRAVED, PLACE OF SKULLS), Greg Turley(Bass,PLACE OF SKULLS), Pete Campbell (Drums, PLACE OF SKULLS, IN-GRAVED)
Label: Peaceville
008 - PENTAGRAM
"First Daze Here Too" (2006)

Disc 1
1.Wheel of Fortune 04:03
2.When the Screams Come 02:47
3.Under My Thumb (The Rolling Stones cover) 03:17
4.Smokescreen 04:05
5.Teaser 03:27
6.Little Games (The Yardbirds cover) 02:57     
7.Much Too Young to Know 04:34
Total:25:10     

Disc 2
1.Virgin Death 01:42
2.Yes I Do 02:14
3.Ask No More 02:36
4.Man 01:57
5.Be Forewarned 03:59
6.Catwalk 03:34
7.Die in Your Sleep 01:39
8.Frustration 02:03
9.Target 07:26
10.Everything’s Turning to Night 02:29
11.Take Me Away 02:19
12.Nightmare Gown 02:16
13.Cartwheel 02:54
14.Cat & Mouse 02:45
15.Show ‘Em How 10:02
Total:49:55     

Line Up: Bobby Liebling (Vocals), Greg Mayne (Bass, ex-BEDEMON), Geof O’Keefe (Drums, BEDEMON), Marty Iverson (Guitars, tracks: 1-4 to 1-7), Randy Palmer (Guitars, tracks: 1-1 to 1-3, ex-BEDEMON), Vincent McAllister (Guitars, ex-BEDEMON)
Label: Relapse

バンドが結成された71年から76年までのデモ/レア音源集。CD2枚組。BLUE CHEER、SIR LORD BALTIMOREの影響下にあるアメリカン・ハードロック。KISSが楽曲を買いたいと申し出た、という逸話が物語る通りの素晴らしい内容。Disc1はスタジオ音源で、ROLLING STONESTHE YARDBIRDSのカバー、Geof O’Keefe(Ds)が手掛けた楽曲も収録。Disc2は郵便倉庫で録音された音源で音質は悪いが、#15”Show ‘em How”の壮絶なギター・ソロ、ジャムにブはブッ飛ばされる。ブックレットにはメンバー3人のコメント、Geofの詳細解説が載っており、非常に興味深い内容。