KING GOBLIN

kinggoblin band800 - KING GOBLIN

1998年東京にて始動。コンセプトは、無数のジャンルに細分化されたメタルの俯瞰視。紆余曲折の末、2002年にツインギター&ドラムボーカルのトリオ形態となる。
サイケデリックロック、グラインドコア、デスメタル、ドゥームロック、プログレッシブロックを延してパスタマシーンに入れ、太めに切ったようなサウンドが、一部のマニアの琴線に触れる。
トリオ編成のOUTRAGEEternal Elysiumなどのストーナーロックバンドや、豪州グラインドロックバンドBlood Dusterと共演。
2004年頃からは、ギター、ベース、ドラムのオーソドックスなトリオ編成にシフト。
2007年、満を持してのファーストアルバム『Goblin King』をリリース。
この頃より、特撮映画やスペースロックの影響が強まる。
2009年、結成時からのメンバー鈴木雅士(Gt.)脱退。ケリー・チュルコ (Hospital, AKBK)を後任に迎える。
2013年、ケリー・チュルコ闘病のため、マーシー (ex. Inside Charmer)加入。
2014年9月より、セカンドアルバムのレコーディングを開始。
2016年2月、9年振りのアルバム『CRYPTOZOOLOGY』をリリース。

a0692206299 10 1024x1024 - KING GOBLIN
“Goblin King” (2007)
1.Redrum 07:39 2.Megalomaniacs 07:13 3.From Dusk ‘til You Die 04:00 4.Equosys 05:23 5.Datura 04:46 6.Tower of Desire 12:25 7.Devil’s Formula 06:06 8.Boiled Again (Born to Ride) 03:37 9.Motordead 04:08 Total:55:17
Line Up:Hidetoshi Ehara (Bass, Vocals), Naoto Araki (Drums, Percussion, Vocals, AKBK, Ele-Phant), Masashi Suzuki (Vocals, Guitars, Twin wahwah)
Label:
Smell Rot Music

97年結成、東京のトリオによる1stフル。日本語題『孔雀王』。Voはデス声で、デスやグラインドからサイケデリック、プログレッシヴ・ロックを独自に消化したドゥーム・ロック。この類まれな消化力と絶妙なバランス感覚は日本のバンドならではと言えるかもしれない。逆輸入感を大事にされる方々には本作がRoadburn FestのHP上でAlbum of the Dayに選ばれた事をお知らせしておく。

a2657703030 10 1024x1024 - KING GOBLIN
“Cryptozoology” (2016)

1.Return to the Planet 01:44
2.King of the Flies 06:21     
3.Prophet 04:30     
4.2020 06:13     
5.Garadama 05:10     
6.Birmingham Queen 06:15     
7.Pilglim 11:11     
Total:41:24     

Line Up:Hidetoshi Ehara (Bass, Vocals), Naoto Araki (Drums, Percussion, Vocals, AKBK, Ele-Phant), Marcy (Vocals, Guitars)
Label: Bonten Records