UNIDA

unida groupcrop1 kopie - UNIDA
006 2 1021x1024 - UNIDA
“Coping with the Urban Coyote” (1999)

1.Thorn 03:14
2.Black Woman 05:14
3.Plastic 04:03
4.Human Tornado 04:22
5.If Only Two 05:17
6.Nervous 06:41
7.Dwarf It 02:33
8.You Wish 09:36
Total:41:00    

Line Up: John Garcia (Vocals, KYUSS, SLO BURN, VISTA CHINO), Miguel Cancino (Drums), Arthur Seay (Guitars), Dave Dinsmore (Bass)
Label:Man’s Ruin

KYUSS解散後、SLO BURNを経てJohn Garcia(Vo)がMiguel Cancino(Ds)、Arthur Seay(G)、Dave Dinsmore(B)と結成したバンドの1st。KYUSS~SLO BURN延長線上にあるストレートなデザート・ロック。Johnの歌声がとにかく冴え渡っており、シンプルなリフで展開する#1”Thorn”、アップテンポの#2”Black Woman”は名曲。本作発表後、American Recordingsと契約。2nd“For The Working Man”をレコーディングするもお蔵入りに。バンドは03年に解散するも、12年に再結成。本作は長らく廃盤だったが14年にCobraside Distributionから再発。