HIGH ON FIRE

highonfire 2 640x427 - HIGH ON FIRE
high7341 - HIGH ON FIRE
”The Art of Self Defense”(2000)

1.Baghdad 05:15
2.10,000 Years 07:53
3.Blood from Zion 04:55
4.Last 06:36
5.Fireface 08:35
6.Master of Fists 10:06
Total:43:20

Line Up: Matt Pike (Guitars, Vocals, SLEEP), George Rice (Bass), Des Kensel (Drums)
Label: Man’s Ruin

SLEEP解散後にMatt Pike(Vo/G)が結成したバンド。プロデューサーはBilly Anderson。『Jerusalem』のサウンドを引き継ぎつつコンパクトに纏めたかのような#1でまず殺られる。Des Kensel(Ds)の手数の多い暴力的なドラミングも凄まじい。#6は10分に及ぶ極悪スラッジ・ドゥーム。本作はMan’s Ruinから発売されたが倒産してしまった為、翌年にTee PeeからCeltic Frostのカバー含むボートラ2曲を追加して再発するも廃盤。前述の2曲+デモ音源3曲という形で2012年にSouthern Lordから再・再発された。

006 1 - HIGH ON FIRE
"Surrounded By Thieves" (2002)

1.Eyes & Teeth 05:02
2.Hung, Drawn and Quartered 04:26
3.Speedwolf 04:36
4.The Yeti 07:07
5.Nemesis 03:04
6.Thraft of Caanan 08:05
7.Surrounded by Thieves 04:19
8.Razor Hoof 03:25
Total:40:04

Line Up: Matt Pike (Guitars, Vocals, SLEEP), George Rice (Bass), Des Kensel (Drums)
Label: Relapse

Matt Pike(Vo/G)、George Rice(B)、Des Kensel(Ds)、プロデューサーにBilly Andersonと前作と同じ布陣でRelapseに移籍して発表した2nd。SLEEP的な酩酊リフから脱却し、前作で見せたハードコア・パンク的な暴力的で野蛮なサウンドがさらに強化され、オリジナリティを築き上げた一枚。スラッシーでキャッチーな#2、燻し銀ドゥームの#6も素晴らしい。本作発表後に来日公演で共演したMASTODONと共にUSポスト・スラッジ勢に与えた影響は大きい。

007 1 - HIGH ON FIRE
"Blessed By Black Wings" (2004)

1.Devilution 04:46
2.The Face of Oblivion 06:40
3.Brother in the Wind 05:36
4.Cometh Down Hessian 05:15
5.Blessed Black Wings 07:43
6.Anointing of Seer 05:39
7.To Cross the Bridge 07:20
8.Silver Back 03:14
9.Sons of Thunder 07:10
Total:53:23     

Line Up: Matt Pike (Guitars, Vocals, SLEEP), Joe Preston (Bass, ex-MELVINS, ex-EARTH, THRONES), Des Kensel (Drums)
Label: Relapse

George Rice(B)が脱退。MELVINSEARTHで知られるJoe Prestonが加入。プロデュース兼エンジニアにSteve Albiniを迎えて制作された最高傑作3rd。VENOMの破天荒さにMOTORHEADの突進力、BLACK SABBATHの邪悪さがひとつに凝縮され、バンド・サウンドを完全に確立させた大傑作。粗い音像は一般的なメタルとは一線を画しており、言うなれば鋼鉄ではなく、汗と血が噴き出す肉体的なメタル。日本盤にはボーナストラックとしてJUDAS PRIESTの”Rapid Fire”のカバーを収録。

008 1 - HIGH ON FIRE
"Death Is This Communion" (2007)

1.Fury Whip 06:14
2.Waste of Tiamat 05:44
3.Death Is This Communion 08:35
4.Khanrad’s Wall 02:27
5.Turk 05:03       Show lyrics
6.Headhunter 01:24
7.Rumors of War 02:51
8.DII 03:45
9.Cyclopian Scape 07:29
10.Ethereal 06:57
11.Return to NOD 06:17
Total:56:46

Line Up: Matt Pike (Guitars, Vocals, SLEEP), Jeff Matz (Bass), Des Kensel (Drums)
Label: Relapse

Joe Prestonが脱退。ZEKECAMAROSMITHHOLY TERRORのJeff Matz(B)が加入。プロデューサーにNIRVANAMUDHONEYBLUE CHEERNEBULAを手掛けたJack Endinoを迎えた4th。前作の延長線上にある肉食ヘヴィ・ロックンロールだが、中東音楽風のインスト#4”Khanrad’s Wall”、キャッチーなサビのある#5”Turk”、メロトロンを使用したメタリックな#8”Dll”など楽曲は多彩、ドラマティックに。本作発表後、Matt Pikeは米Rolling Stone誌のThe New Guitar Gods TOP20に選出された。

009 - HIGH ON FIRE
"Snakes For The Divine" (2010)

1.Snakes for the Divine 08:24
2.Frost Hammer 06:07
3.Bastard Samurai 06:37
4.Ghost Neck 05:01
5.The Path 01:20
6.Fire, Flood & Plague 06:08
7.How Dark We Pray 08:06
8.Holy Flames of the Fire Spitter 04:13
Total:45:56    

Line Up: Matt Pike (Guitars, Vocals, SLEEP), Jeff Matz (Bass), Des Kensel (Drums)
Label: E1 Entertainment

前作と同じラインナップ、SLAYERMETALLICAなどを手掛けた大物プロデューサーGreg Fidelmanを迎えて制作された5th。ピロピロのギター・ソロで幕を開け、”メタル”を高らかに宣言するキャッチーな表題曲の#1は掴みとして完璧(ズッコける人もいるかもしれないが)。粗い音像は大分整理され、奥行きや広がりを見せるメジャー間のある音に。叩きまくりだったDes Kenselのドラミングもシンプルになっている。非ドゥーム/スラッジのメタル・リスナーには一番とっつきやすいかも。

010 1024x1016 - HIGH ON FIRE
"De Vermis Mysteriis" (2012)

1.Serums of Liao 06:01
2.Bloody Knuckles 04:16
3.Fertile Green 04:45
4.Madness of an Architect 06:57
5.Samsara 03:42
6.Spiritual Rites 05:08
7.King of Days 07:09
8.De Vermis Mysteriis 03:50
9.Romulus and Remus 05:04
10.Warhorn 05:27
Total:52:19     

Line Up: Matt Pike (Guitars, Vocals, SLEEP), Jeff Matz (Bass), Des Kensel (Drums)
Label: eOne

CONVERGEのギタリストKurt Ballouをプロデューサーに迎えた6th。メジャー感のあった前作から一転、#1から凶暴性が爆発。Mattの唯一無二の濁声とリフ・ワーク、Desの手数の多く多彩なDsは毎度のことながら、JeffのBも負けず劣らず暴れまわる。3rdにも匹敵する蛮音だが、前々作で見せた実験性や前作のメタル要素もしっかり消化。「死児となったイエス・キリストの双子の兄弟が時間旅行をする」という難解なコンセプトもサウンドにより深みを与えている。

high - HIGH ON FIRE
"Luminiferous" (2015)

1.The Black Plot 05:31
2.Carcosa 07:11
3.The Sunless Years 05:06
4.Slave the Hive 03:49
5.The Falconist 06:06
6.Dark Side of the Compass 05:30
7.The Cave 07:39
8.Luminiferous 04:03
9.The Lethal Chamber 08:49
Total:53:44    

Line Up: Matt Pike (Guitars, Vocals, SLEEP), Jeff Matz (Bass), Des Kensel (Drums)
Label: eOne