「幸運な事に、僕はIdes of Geminiの記事を書く必要が無いからね」“ドリーミィ・ドゥーム” Ides of Geminiインタビュー

2014年4月 聞き手:Trip Thru Records

本日はIdes of Geminiのインタビュー。
“ドリーミィ・ドゥーム”とも形容される彼らは、2012年にNeurosisが運営するNeurot Recordsからアルバムをリリース。昨年にはGhostの北米ツアーに同行、今後に注目が集まっている。
バンドのギタリストで、Revolver, Decibelといった大手メタル系雑誌でジャーナリストとして活動してきた経験を持つ(ドキュメンタリー映画『サッチ・ホークス・サッチ・ハウンズ』にも出演している)J.Bennettに話を聞いた。

――時間を取って頂きありがとうございます。初めに、Ides of Geminiの成り立ちを教えてください。

J.Bennett(以下J)
2010年にSeraと僕で始めた。彼女の前のバンドBlack Math HorsemanがオランダのRoadburn festivalでプレイするはずだったんだけど、アイスランドで火山の噴火が起きたせいで飛行機が飛べなくなってしまった。
その時、僕はBlack Math Horsemanのローディだったんだ。僕らは文字通り、離陸するのを待っていた状態だったんだけど、引っ張り出されてキャンセルになった。
ロスにある家に足止めされていた時、Seraと曲を作った。その時の曲がファーストEP The Disruption Writ’s (※1)だよ。

 

(※1) The Disruption Writ’s 2013年リリース。

 

――あなた達の出身はどこですか?現在の拠点は?

J
Sera(vocals and bass)はNorth CaliforniaのSanta Cruz Mountains、Kelly(drums)はDetoroit、僕はMassachusetts出身。今はみんなロサンゼルスに住んでいるよ

――Ides of Gemini以前にバンドでプレイしたことはありますか?

J
Kellyと僕はないけど、Seraはいくつかのバンドでプレイしていた

――ミュージシャンとして、どんなバンド/アーティストから影響を受けていますか?

J
SeraとKellyについて僕の口からは言えないな。僕はPhilip Lynott, Richard Pryor, Harry Crewsの作品が好きだよ。

――あなたはジャーナリストとして長く活動されてきましたね。その経験はバンド活動に役立っていますか?

J
ジャーナリストとして働いて、バンド活動に非常に参考になっている人々と出会えたよ。だけど、ジャーナリストとして得た経験で最も役立っているのは、僕が好きじゃない事、Ides of Geminiとしてやりたくない事についてのクリアなビジョンだ。
多くの可能性を与えてくれた事には今も感謝しているよ。

――2012年にVermapyreとのスプリット(※2)をリリースされましたね。どのような経緯でしたか?

J
Vermapyreとのスプリットは、ロサンゼルスでDewid Hellionに彼のバンドIntegrityについてインタビューした後日に決まったんだ。僕らは音楽について語り終えて、作業に取り掛かった。彼にIdes of Geminiの曲を送ったら彼が気に入ってくれて、彼の新しいプロジェクトVarmapyreと一緒にスプリットを出さないかと提案してくれた。彼はMagic Bullet RecordsのBrent Eyeatoneにリリースの約束も取り付けてくれた。

 

(※2) Vermapyre & Ides of Gemini “split” LP 2012年リリース。

――Ides of Geminiはブラック・メタルと関連付けられる事が多いですね。また、誰かが“Dreamy Doom”とも形容していました。ご自身ではIdes of Geminiのサウンドをどう説明されますか?

J
僕は自分の音楽については説明しないよう努めている。幸運な事に、僕はIdes of Geminiの記事を書く必要が無いからね。僕らの音楽を説明するのは、他の人の仕事だよ。

――作曲のプロセスについて教えてください。グループによる総合的なものですか? それとも個人の手によるものですか?

J
総合的なものだ。でも、ほとんどのパートは各人が個人で書いている。通常、僕が最初にギター・パートを書いてから、Click Trackで基本的なアレンジを加える。それから、KellyとSeraが自分達のパートを書いて、みんなで練習して仕上げる。

――昨年、Ides of GeminiはGhostと北米ツアーをしましたね。どうでしたか?

J
とても素晴らしかったよ。Ghostの連中はスーパー・クールで、僕たちにとても良くしてくれた。宝くじを当てたような、大勢の観客の前でプレイしたんだ。毎晩、500~1500人規模の会場で、ほとんどのショウはソールド・アウトだった。
観客はあらゆる年齢層の人がいたよ。僕らは前座だったから、多くの感受性豊かな人たちの前でプレイできた。またとない経験だったね。機会を与えてくれたGhostにとても感謝している。

 

――最近はどんなバンド/アーティストのアルバムを楽しんでいますか?読者におススメがあったら教えてください。

J
Tears for Fearsの”The Hurting”が好きでよく聴いているけど、これは古いな。
最近のだと、In Solitudeの新作(Sister)とThe Uncle Acid and The Dead Beatsの新作(Mind Control)、Persekutorというバンドの7インチを聴いているよ。

――あなたは多くの形式で作品をリリースしています。カセット、CD、デジタル、ヴィニール。あなたはどんな形で音楽を聴く事を好まれますか?

J
状況によるね。家にいる時は可能な限りヴィニールで聴いているよ。だけど、ツアーなどで家を離れている時は、カセットや誰かのipodで音楽を聴いている。僕たちみんな、この三つの形で音楽を聴くのが好きだと言えるかな。

――2014年の予定はありますか?

J
来週から9月にリリースする新しいアルバムのレコーディングに入るんだ。秋にツアーを開始出来たらいいなと思っている。その合間に、ラスベガスのDoom In June festivalでプレイするんだけど、サプライズで新しいアルバムから何曲かやる予定だよ。

――最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。

J
日本に行ってプレイすることが僕たちにとってひとつの大きな夢なんだ。そのうち実現出来ることを願っているよ!

 

この記事を英語で読む。 Read this article in English.