「俺たちはロック、ブルースをよりヘヴィに、より汚くプレイしているだけだよ」英国のDirty, Heavy Rock and RollバンドGrifterインタビュー

2014年1月 聞き手:梵天レコード

今回は活動歴10年を誇る英国の“Dirty, Heavy Rock and Roll”バンドGrifterのインタビュー。
ストーナー・ロック・フリークでも「誰?」となってしまうかも知れないが、彼らは今年ニュー・アルバムのリリースも控えている注目バンドである。2ndEPの“The Simplicity Of The Riff Is Key”というタイトルは、彼らのサウンドを見事に表している。70sRock~Bluesを根っこに持つグルーヴィなヘヴィ・ロックだ。

――時間をとってくれてありがとうございます。そして、「ペキンパー」にようこそ!調子はいかがですか?

Ollie
やあ、インタビューしてくれてありがとう。調子はいいよ。クリスマス休暇を終えて、日常に戻ったところさ。

――Grifterのメンバーを紹介してください。

Ollie
おれたちは10年間同じメンバーなんだ。
Foz – drums and backing vocals
Phil – bass(ベースのみ。ベースだけ)
Ollie – guitar and lead vocals

――Grifterを聴いた事のない読者のために、どんなサウンドか説明して頂けますか?

Ollie
よくストーナー、ブルース・ロックって言われるけど、ベストな表現はdirty, heavy rock and rollだな。みんなバンドを表現するのにジャンルやタイトルを使う事に熱心だけど、俺たちはロック、ブルースをよりヘヴィに、より汚くプレイしているだけだよ。

――ファースト・アルバム(『Grifter』)(※1)のリリースおめでとうございます。反応には満足していますか?

Ollie
ありがとう。本当は2011年にリリースしたものなんだ。反応は素晴らしかったよ。多くの年間ベストのリストに挙げてもらえたんだ。素晴らしい事に、アルバムのおかげで、より大きなGIGにも出演できるようになった。Orange Goblinのツアーや、ドイツのFreak Valley festival、BloodstockやHard Rock Hell festなんかにね。反応はとてもポジティヴだったよ。

俺たちは新しいアルバムをレコーディングしたんだ。アートワークが用意できたら、Ripple Musicからリリースするよ。“The Return Of The Bearded Brethren”(※2)っていうタイトルなんだ。新しいアルバムは作曲、プロダクション、アートワーク、あらゆる面で良くなっている。ファーストは何年もかけて書いた曲をレコーディングしたけど、今回は曲やムードのバラエティに富んだ、グレイトなアルバムにしたかったんだ。

 

(※1) Grifter 2011年リリース。
(※2) The Return Of The Bearded Brethren 2014年リリース。

――アルバムはどこでレコーディングしたのですか? どんな工程で?

Ollie
2枚とも、Rich Robinsonという友人のエンジニアとレコーディングしたんだ。彼は素晴らしいよ。もっと多くのクレジットに価するね。彼は携帯できるレコーディング・セット・アップを持っているから、どこでもレコーディングできるんだ。

ファーストは俺たちがリハーサルに使っているBig Redっていう素晴らしい音響のライヴ・ルームでレコーディングした。新しいアルバムはギター、ベース、ドラムをBig Redで、ヴォーカルは小さなスタジオがあるRichの家でレコーディングした。2枚とも、とても早くて簡単だった。俺たちはすべての曲を書いてからリハーサルして、ライブをやって、それからレコーディングしたから、すべてが迅速だったよ。2枚とも3日ぐらいで終わったな。それからRichがミックスしたのを俺たちが聴いて、いくつかの提案をして、みんなが納得いくまで作業した。

ミックスには時間がかかったけど、重要な作業だから急ぐことはできなかった。今でもファーストのサウンドには満足しているけど、新しいアルバムは、すべてにおいて良くなっているよ。

――『Grifter』はRipple Musicからリリースされました。どのような経緯があるのですか? やってみてどうでした?

Ollie
2010年、彼らがレーベルをスタートした時、バンドのレビューをしていたんだ。Catacomb Recordsからリリースした2nd EP “ The Simplicity Of The Riff Is Key”をレビューしてもらうためにコピーを送ったら、彼らが気に入ってくれて、Heavy RippleからリリースするStone Axe, Sun Gods In Exile, Mighty Highとのスプリットに誘ってくれたんだ。
俺たちは(スプリットの)曲をレコーディングする時に、持っている曲も全部レコーディングしたんだ。アルバムを作る事は視野に入れてなかったし、どうリリースすればいいかもわからなかった。レコーディングしている時にRippleがアルバムを出さないかって言ってくれて、彼らとはそれ以来の付き合いだよ。

RippleはToddとJohnっていう俺が今まで出会った中で最高のナイスガイ二人がやっているんだ。バンドやレーベルで扱っているジャンルにとても情熱を持っているよ。俺たちがごく初期に参加して以来、流通やプロモーションはどんどん強力になっているし、非常に高い評価も受けている。俺が思うに、RippleはSmall Stoneのような評価を受けているんじゃないかな。彼らは俺たちの新しいアルバムのために良い働きをしてくれるはずだよ。
Rippleには素晴らしいバンドがたくさんいる。Stone Axe, Mothership, Devil To pay, Poobah, Stubb, Ape Machine, Earthen Grave (featuring Ron Holzner from Trouble)、それと、Mos Generatorの新作は素晴らしかったね。

――作曲プロセスについて教えてください。

Ollie
作曲は非常にグループ的なプロセスだ。俺はGuitarist & Vocalistとして多くのリフや部分的なアイディアを出して、バンドでそれをベストな形にするんだ。Bassのフィルも素晴らしいリフのアイディアを出してくれるし、それに、曲の展開や全体的な構造において、彼はすごくいい耳を持っている。ドラムのFozはとても音楽的な人物で、歌えるし、ギターもベースも弾ける。彼はビートが曲のムードに与える影響についてナチュラルなアイディアを持っている。彼が曲に的確なビートを見つけると、それが曲の残りのパートを発展させていくんだ。

誰かが完成させた形で曲を持ち込むのは滅多にないな。もしあっても、大抵はみんなが満足するまでバラバラにするから、原型を留めてないね。

――あなたがSir Lord BaltimoreのTシャツを着ている写真を見たのですが、彼らの事は好きですか? あなたは70s Hard Rockのファンなのでしょうか?

Ollie
俺たちはみんな70s Rockのファンだよ。メンバーの中なら俺が一番のファンかな。俺はMountain, Cactus, Sir Lord Baltimore, Budgie, Leaf Hound (今は俺たちのレーベル・メイトだ), Captain Beyondとかと同じぐらい無名のバンドを聴くんだ。70s Rockには俺の大好きなブルース由来の、本物のヴァイブがあるね。当時のバンドは小さなジャンルに収まる事に拘らず、自分達の音楽に対してオープン・マインドでエクスペリメンタルな姿勢を持っていたように思える。

俺はインターネットで見つけた、20曲入りでVol.8まである“70s Heavy”というコンピのコレクションを持っているんだ。どれにもStatus Quo, The Groundhogs, Hawkwindといったビッグネームが収録されているんだけど、無名のバンドを教えてくれるんだ。俺の大好きなGranicusとかね。

――どんなバンド/アーティストに影響を受けていますか?

Ollie
俺たちの音楽の趣味は幅広いんだ。metal, punk, thrash, ska, reggae, hip hop, blues, folk, funk, soul, grunge…etc。これらが少しずつ影響を与えているよ。バンドとしてはBlack Sabbath, 初期ZZ Top, AC/DC, Motorhead, Clutch, Dead Kennedys. Led Zeppelinとか。
俺個人はMountain, Lynyrd Skynyrd (ウチのドラマーは大嫌いだけど!), The Who, The Rolling Stonesの大ファンなんだ。明らかじゃないかもしれないけど、俺のギター・プレイやリフ作りに影響を与えているよ。

――馬鹿な質問をひとつ。ホットポケット(※3)は好きですか?(“Alabama Hotpocket”のリフは素晴らしいですね!)

Ollie
君が言っているのは、辛いソースの入った、トースターで作って食べる、あのおぞましい見た目のスナックのことかい? 実を言うと、食べた事無いんだ。見た目が酷いからね!
書くのがすごく難しい曲だったよ。タイトルの本当の意味を知った時はね(とっても性的な行為のことだ)。色々言われないようにするために、歌詞を曖昧にしなければならないと気付いたんだ。すごくいいタイトルだよね。性的な行為の方はやったことないよ!

 

(※3) ホットポケット - Hot Pockets – Irresistibly Hot (外部サイトへジャンプします)
ホットポケットとは、トースターでチンして食べるホットサンドのインスタント食品のことなのだが、その見た目から女性の大事な部分の喩えに使われたりする。
Alabama Hotpocketは、ウチのような上品なサイトではとても載せられないような行為を意味している。どんな行為か知りたい方は、各自、検索していただきたい(アメリカの地名+Hotpocketで検索すると、もう何がなんだか……)。

 

――あなたの地元のシーンについて教えて頂けますか? もし好きなバンドがいたら名前を挙げてください。

Ollie
難しい質問だな。俺たち三人とも1時間ぐらい離れた別々の町で暮らしているからね。結成した頃はみんな、イギリス南西部のプリマスという所に住んでいたんだ。当時は良いバンドがいて、良い会場もあったけど、今は変わってしまった。多くのバンドは解散して、会場も閉鎖された。今は国中を回っているけど、プリマスではそんなにプレイしなかったな。俺たち三人とも、プリマスや今住んでいる所の音楽シーンにはうといと思う。

イギリスには素晴らしいバンドがたくさんいるよ。レーベル・メイトのStubb plus Suns Of Thunder, Widows, Lifer, Line Of Fire, Trippy Wicked, Enos, Desert Storm, Gonga, Alunah, Tricorn, Goat Leaf, Asomvel, Admiral Sir Cloudesley Shovell, Slabdragger, Druganaut。
言い忘れているバンドもいると思うけど、チェックする価値はあるよ。

――あなたたちがビール好きなのは間違いないと思うんですけど、あなたの地元で日本人旅行者が酔っぱらうのにいい場所はありますか?

Ollie
確かに。俺たちは出番の時、数パイントのビールを飲むことで知られているんだ。新しいアルバムには“Black Gold”という俺たちの大好きなギネスについての歌があるよ。

プリマスにはThe Phoenixという、フレンドリーで、少しみずぼらしい店があったんだけど、残念なことに閉店してしまった。俺はあまり行かないけど、ウチのドラマーは今もプリマスに住んでいて、The Nowhereってパブによく行っている。プリマスのオルタナ、メタル好きが集まるパブだよ。あと、The Junctionってバイカーの集まるパブもね。俺が住んでいるチャドレイって小さな町にはパブが5軒ある。俺がよく行くのはThe Bishop Laceyって店。いい店だよ。小さな醸造所のビールがあってね。食い物もうまい。君も行けば、興味深い、時には奇妙な人たちと話せるよ。
それに、彼らは俺がジュークボックスでSlayerの曲を掛けても気にしない!

――あなたたちはHard Rock Hell fest 2013でプレイしましたね。どうでしたか?

Ollie
Hard Rock Hellは最高だったよ。酒を飲んで、バンドを観て週末を過ごしたんだ。
俺たちのセットはとても良かったよ。俺たちは大勢の客の前でプレイして、みんな気に入ってくれたようだった。全体的に面白いフェスだったよ。ビッグなバンドがプレイする大きなステージと若手のバンドがプレイする小さなステージがあって、多くの観客は若手のバンドを観るよりビッグなバンドを観に行っていたけど、いくつかの若手バンドはビッグなバンドよりよかったね。

俺たちはクールな人々や、しばらく会ってなかった友人たちと素晴らしい時間を過ごした。
俺たちはBloodstock festでもプレイしたんだ。Slayerがトリの日で、Anthrax, Exodus, Devildriverといったバンドと一緒に、とても大勢の客の前で。反応は素晴らしかったよ。とてもスリリングだった。

――あなたたちはツアーをよくしますか? ツアーを楽しんでいますか?

Ollie
俺たちには仕事も、家族も、支払いもあるからね。でも、出来る限りはしているよ。古い友達でもあるOrange Goblinとツアー出来たのはラッキーだったね。素晴らしい経験だったよ。ベルギーやオランダを回ったんだ。

俺たちがもっとツアーをするとしたら、週末の予定になるだろうな。客は週の始めより、週末に集まるからね。
俺たちはツアーが大好きだよ。俺たちは親友同士で、よく笑うし、旅をして、普段の仕事をしていたら絶対見られないようなクールなものを見たり、素晴らしい人々と友達になったりするのは最高だ。

――ライブやツアーでの面白いエピソードはありますか?

Ollie
勿論。ロンドンの会場の小さなステージでプレイしていた時、Philが激しく動き過ぎて、バックドロップに映像を映しているプロジェクターに落ちたんだ。彼は演奏を続けようとしていたようだったよ。
一番面白いのはヴァンの中での会話だろうな。時々、笑いすぎて涙が出そうになるよ。

――あなたたちは10年近くロックをプレイしていますね。それはあっという間でしたか? それとも、“ドゥーム”のようにゆっくりでした?

Ollie
俺たちはちょうど10周年を迎えるんだ。振り返ると、とても長く感じる時もある。
バンドにも個人的にもあまりに多くの事が起きたからね。人生は大きく変わって行くけど、バンドは基本的には変わらない。レーベルの支えやギグをやることで、今までやって来た事が簡単になったけど、今でも楽しんでいるよ。年を取って、負う責任が増すにつれて、バンドに対するアプローチも大きく変わった。でも、どんな時でもバンドに力を注いできた。

――バンドを始めようとしている人がいたら、どんなアドバイスをしますか?

Ollie
一つめ。楽しめ。有名になりたいとか、レコード契約をしたいなんて理由でやるな。やるべきことを楽しんで、バンドの連中や友人たちとうまくやっていくことだ。そういう人たちと長い時間一緒にヴァンのなかで過ごしたり、同じ部屋で寝たりすることもある。それから、彼らが休みや個人的な事を行うべき時を必要としているか見極めなければならない。俺たちの一人にもそういう時があった。彼はリフレッシュして戻ってきたよ。

二つめ。流行を追うな。あのバンドやこのバンドみたいな音にしようとしては駄目だ。自分が楽しめるよう自然にプレイすること。人々は強制されたものより正直なものを聴きたがっている。

三つめ。たとえプロフェッショナルな対応をされなくても、時間を守れ。ファン、バンド、プロモーター、ジャーナリスト、レーベルの連中、誰であろうと敬意を持って接しろ。良い評判は不可欠だ。悪い評判がついて回れば、仕事は得られないだろう。

四つめ。準備が整うまで、ライブやレコーディングをするな。準備もせずにゴミみたいな音を出せば、客はその事を忘れず、二度と観に来てくれないだろう。改善しても、クォリティの高いデモを出すまで、FacebookのようなSNSの人々は君に興味を持たないだろう。だから、最初は地元の小さなショウから始めて、それからクォリティの高いデモを出すこと。デモの前にTシャツを作るのは絶対駄目だ。あり得ない!!!

最後に。良い品質の機材を使うこと。PAシステムがまともでも、機材が駄目だと良い音は出ない。Gig Swapをするのも機材を知る良い方法だ。他の地域のバンドが君の地元に来る時は、君も良い機材が揃えられているか確認すること。

――日本のバンドを知っていますか?

Ollie
Church of Miseryはみんな知っているよな。俺は彼らの大ファンなんだ。2年前、Orange Goblinのツアーで彼らと一晩だけ一緒にプレイしたんだ。いいやつらで、俺たちのセットを気に入ってくれていたみたいだったよ。それからFlied Eggも大好きだ。確か70年代にアルバムを2枚リリースしていたと思う。

最近のバンドは申し訳ないけど知らないな。俺は昔、ハードコアが好きで、Lip Cream、Rose Rose、GAUZE、Outoなんかをよく聴いていたよ。80年代の日本には素晴らしいハードコア・シーンがあったね。おススメがあったら教えて欲しい。俺は日本という国や文化にとても興味があるんだ。いいプロモーターがいれば是非とも日本に行きたいと思っているよ!

――一緒にプレイしてみたいバンドは?

Ollie
俺たちの好きなビッグなバンド、Motorhead, Black Sabbath, Clutch, ZZ Top, Iron Maiden…etc。だけど、これは叶わぬ夢だろうな。

UKで一緒にプレイするのが好きなのは、Goat Leaf, Asomvel, Admiral Sir Cloudesley Shovell…etc。実はAsomvelとAdmiral~とは今年後半にリーズの小さなフェスで一緒にプレイするんだ。きっと素晴らしいと思うよ。

――最後に、日本のファン、ドリンカーにメッセージを!

Ollie
バンドや音源をチェックしてくれてありがとう。Rippleは日本ではディストリビューションを行っていないから、見つけるは難しいと思う。ヘルプしたいと思ってくれたら、Rippleを知ってくれ(ここでは他のバンドをチェックしたり購入したりできる)。

http://www.ripple-music.com

これからもロックをエンジョイし続けてくれ。もうすぐ出る俺たちのアルバムもお楽しみに。いつの日か日本でプレイして、君たちと一緒に飲める日が来るといいな。

バンドのFacabookとHPもチェックして、声を掛けてくれ。俺たちはいろんな人たちと話をするのが大好きなんだ。
Facebook:
http://www.facebook.com/grifterrock
公式HP:
http://www.grifterrock.co.uk

バンドの過去のEPやデモはBandcampでフリーDLできるから気軽に楽しんで、周りに広めてくれ。
Bandcamp:
http://grifterrock.bandcamp.com

インタビューしてくれたTrip Thru Recordsと読んでくれた読者に感謝する。Stay happy and peaceful!

 

この記事を英語で読む。 Read this article in English.