DVDムック『ペキンパー』創刊者に聞く! 川保天骨インタビュー

2013年12月10日 聞き手:ペキンパーデジタル 編集

記念すべき『ペキンパー・デジタル』のインタビュー第1弾! ここはやはり『ペキンパー』を創刊した人に話を聞くしかないということで、川保天骨氏にご登場いただいた。時代に反逆する媒体の意味するものとは何か?

――毎回変わった切り口の雑誌ですが、ペキンパー創刊のきっかけは?

切り口っていうのは気にしてないね。同じことを繰り返してる感じ。

――同じこと?

ペキンパーって名前は映画監督のサム・ペキンパーからきてるのは当たり前だけど、ペキンパーっていう雑誌、ムックの企画は10年以上前から持ってて、色んな出版社に持ち込んでたんだけど、その頃から俺が関わってたエロ本とかサブカル系の出版社は企画が中々通らなくなっててね。本が売れないから。

元々、俺は編集プロダクションでカメラマンから編集、ライターとか何でもやってた。その時はエロ本でもサブカルでも何でも出せたんだけど、その頃のエロ本ってさ、白黒のページで自分の好きなこと何でも出来たんだよ。(ペキンパーは)その延長線上にある。エロ本のサブカルページのムック化というか。

表紙はメジャーな人からマニアックなものまで色々あって(前半は)そういう特集を持ってきてるけど、真ん中から半分はアレ? って企画ばかりだよね。

――本という媒体にこだわりは?

こだわりっていうか、本じゃないとできないからね。DVDで出すとなると取材じゃなくなって、コンテンツになるから、取材に制約が出るんだよね。金銭的なものとか。印刷媒体っていうのはそういう意味。これがDVDしか媒体が無い場合だと、それコンテンツでしょ? って。取材じゃなくて。これが大きい出版社の雑誌だと取材はみんなOKだけど、こういうわけのわからん媒体みたいなものに取材申し込まれてもOKでなかったりするわけですよ。

でも、そこをなんとか! っていうさ、小さい媒体だからこそ自分の人間力を試せるんだよね。大きな媒体の看板持ってきて取材するんじゃなくて、気になる人に一人の人間として聞きたいことをインタビューして掘り下げるっていうのがこの本の今置かれてる立場だね。作る側としては大変だと思うけど、面白いんじゃないかな。

――ペキンパーのコンセプトは?

バイオレンス、死、エロス、トリップ、ドラッグ、男としての悪(ワル)の部分ね。男として悪の部分に魅かれる気持ちってあるでしょ? そうじゃない男が多いから逆に突っ込んでやりたいっていう天邪鬼だね。まったく正反対のことがしたいんですよ。ただ、売れたいけどね。お金入ってくるから。お金入ってきたら嬉しいでしょ?

――そうですね(笑)。

あと女にモテたいだろ? セックスしたいだろ? ドラッグキメてトビたいだろ? みんな悪の部分。セックス自体は悪くないけど(笑)。

――ペキンパー第1号、第2号ではドゥームロックがフィーチャーされていますね。ご自身もドゥームロックバンド「太陽肛門」(※1)をやられていましたが。

それはスタッフに好きなやつがいたから。太陽肛門はドゥームロックのカテゴリに入るのか入らないのか、途中でトランスの方に行って、ヘヴィなドゥームロックはやらなくなったからね。何でかっていうと、途中で“子供っぽいな”って思っちゃったんだよね。トリップしたらさ、ドゥームも何も関係ないような、打ち込み、テクノの方がやばいってことがわかった。バンドやってたのはそういう特定のセンスがあったんだろうね。

ただ、外人の真似とかはしたくなくて、全部日本語で和製のテイストを取り入れたり、どっちかというと寺山修司とかJAシーザー、唐十郎、暗黒舞踏とかそっちの影響があって、そこにドゥームロックをミックスさせてるっていう。人間椅子みたいなもんだな。最後にはトランスが入ってきてラリるんだよ。ガンジャとかライトドラッグじゃなくて、もっとヘヴィなの。そういう世界を表現したかったんだよね。今もやめたわけじゃないけど、時間がなくて。そのうち復活させようと思ってるんだけど、ドゥームロックになるかはわからない。

ペキンパーもその路線でバイオレンス、トリップ、性的なものが混在してる媒体が作りたかった。もうひとつ「ドラゴン魂」(※2)っていう朝日新聞出版社から出したのがあるんだけど、それも「男」なんだよね。表紙見ればわかるけどこっちは武術とかカンフー、ヒーロー、“正義の味方”なんだよ。「ドラゴン魂」が“陽”なら「ペキンパー」は“陰”。悪の部分と善の部分、「ドラゴン魂」と「ペキンパー」両方で男を表現したいんですよ。今度「ドラゴン魂」を新たに出版するけど、これはネタ本じゃなくて、姿勢を表したくて。表紙に出てくる人たちは象徴で、本体は後半っていう意識。

――第2号には真樹日佐夫先生の生前最後のインタビューが収められていますね。

2011年の10月ぐらいかな? 申し込んですぐOKもらって、先生に「かっこいい服着て頂けますでしょうか?」って言ったら「何でだ?」って。「先生表紙なんで……」って言ったら「えっ」て(笑)。おれは会社で重大事件が起こってインタビューできる精神状態じゃなかったんだけど、先生も体調が良くなかったのか、声ガラガラでね。 その後の忘年会でもそうで、あの時から肺が苦しかったんじゃないかな。でも先生は俺にワイン注いでくれたり、すごい細かい気遣いしてくれるんだよ。見た目が怖い反面、心遣いがあるからモテるんだなって勉強になった。それから一週間ぐらいで亡くなられた。最後にペキンパーでロング・インタビューできたのはよかった。読者プレゼントのブロマイドにサインしてくれたり、忘年会でも紹介してくれて。先生は「ドラゴン魂」も「ペキンパー」も行ける、幅の広い人だったね。

――「ペキンパー」には映画も多く採り上げられていますが、ご自身はどんな映画がお好きですか?

日本映画が好きだね。ただ、普通の娯楽作品は見ない。つまんないのは5分ぐらいで観るの止めるね。あとはサム・ペキンパー、溝口健二、野村芳太郎、山田洋二、スピルバーグとかその辺だとコッポラが一番好きだね。ただ「ペキンパー」に映画が入ってようが入ってなかろうが俺は関係ない。ネタ的に映画入ってないとページ埋まらないでしょ。バイオレンスとかセックス、トリップの混在感がある映画があればなるほどねって。ペキンパーの映画がまさにそれだね。全部入ってる。

「わらの犬」でコイたことあるよ、俺。ダスティン・ホフマンがまんまと騙されてカモ猟に連れ出されてさ、あそこでもコケるよね。みんな家で(スーザン・ジョージを)犯してるのにさ。そういう最悪な気持ちを想像してオナニーするんだよ。

――これ文章にしていいんですか(笑)。

いいよ!

――複数のプロジェクトを抱えていらっしゃいますが、現在の状況は?

結局自分の出版社から出してるから、期限がないんですよ。そこがまだ商売としては弱いかな。本来だったら隔月とか決めてやるべきなのに。今は人材が足りないからネタも足りない。でも、やり続けるのが大事だから、すぐやめたりしない。個人が趣味でやってるわけじゃないんだからさ。会社としてやってるから。これで家族養ってるからね。

――ドラッグなど反社会的な題材も扱っていますが、批判を受けたことは?

されたことない。して欲しいけどね。みんな、ドラッグは全部悪い! って思考停止してるでしょ。そりゃ、シャブは悪いけどさ。あんなもんやめられないんだから。だから俺はやらないよ。

ただ、大麻と向精神薬と覚醒剤、みんなごちゃ混ぜにして悪と決め付けるのは逆に悪いんじゃないかな。子供なんて悪いことしたいんだから。好奇心の強いやつは小学生からあるからね。俺もそうだったけど。音楽聴く人とかは特にそういうものに魅かれるよね。ミュージシャンがやってるとかさ。そういうことが問題だね。

規制掛けるのはいい面もあるんだよね。規制掛ければ掛けられるほど、形変えてやるのがポイントだからね。エロもそうだよね。規制の中でどれだけ発展させるかっていう。日本のアダルトなんて世界の中でも独自の発達してるでしょ。バリエーションもすごいし、質も高い。洋物のポルノなんて見てられないよ?面白いものもあるけどさ。

――制限の中でこそ工夫が生まれると。

あと、ぶっ飛ぶのに資格がいると思うんだよね。意志の弱いやつはダメだよ。持ってかれちゃうでしょ。だからクソ坊主が大麻吸ってるの見ると腹立つね。ちゃんと働いてんのかって。親の金で吸ってんのかってさ~。

――「ペキンパー」の次号は? 第4号によると2014年春頃となっていますが。

どんどん出したいけど、ネタも人材もないんだよ。俺は今、他の制作が入ってるから「ペキンパー」は誰かに任せたいんですよ。もっとぶっ飛んだ雑誌にして欲しいね。こんなのありなの? って。それが命なんじゃないですか、この雑誌の。特集記事があって、あとは狂った人たちが連載してるっていうさ。素人とか読者にも書いてもらいたいし、異端芸術家みたいな人にも表れてほしいね。あとはここを軸に単行本を出せたらいいね。

俺がなんで紙媒体に拘るかっていうと、おれは古い人間だから触れるもの、物体としての媒体に対する思い入れがあるんだよね。本が好きだから。小学生の頃から。感触、匂い、パラパラめくるっていうさ。今、それだけだね。そこにDVDが付いてもう一回楽しめるっていう。

――まさに時代に逆行するマガジンですね。

おれはエロ本の編集でドギツイのからアイドル系、サブカル系まで色々やっていたんだけど、読者と常に対決してたんだよ。本当に喧嘩していたからね。読者ハガキコーナーとかで。あなたの雑誌は二度と買いません! とか書いてくるのとか全部読者コーナーに掲載するから。いつでもかかってこい! って、おれの住所載せた時もあったな。あと、読者に会いに女優と地方行く読者参加型ね。実際会うとみんないいヤツなんだよ。ヒロイン雑誌やってたとき、読者が乗り込んできて雇ってくれっていうから雇ったこともあるよ。編集長やらしたら暴走したけど。権力持つと変貌する人間がいるという事を知ったね。

――なるほど(笑)。

大百科とかコンプリートするものじゃなくて、ムック、雑誌、続いていくのが好きなんだよ。そこに読者が入ってきて色々やったりさ。そういう媒体が作りたかった。人にどう言われるか考えると何もできなくなるから、とにかく行動して形にする。まず突っ込んでいかないと。取材対象も、「この人駄目だろうな」とか考えない。思いついたらアポ取る努力をする。 これが大きい媒体だと簡単にできたりするんだけど、こういう小さい媒体だと押しの強さがないとできない。

大きい媒体でぬるま湯に浸かっているよりさ、あれはあれで大変なんだろうけど、小さい媒体の方が人に対する取材力、アタックする力がつくと思うね。

――それでは最後に読者にメッセージを。

女の子のモデルを募集してます!

――……協力者は?

それもだね。できれば女の子で。

――結局、そこですか(笑)

結局、女の子にしか興味ないんだよ! でも、エロ本やったら面白くないんだよね。男の雑誌だけど、男の奥には女がいるんだよ。そこが皮肉だね。俺はポルノ映画とかAVとか全然見ないもん、俺。コクのは大体、西部劇とかさ。拉致されたりするやつだろ? あと、戦場のヤバイやつとか。そういう見え隠れする性欲の方がエロイよね。

――えー、本日はありがとうございました。

川保氏の「“時代に反逆する媒体”とは、昔のエロ本の延長線だった」という言葉が印象に残る。
時代に反逆するマガジン「ペキンパー」。

表紙や特集に釣られて「ペキンパー」を読んで、困惑された方も多いのではないだろうか。
パンク、メタル、格闘技、カルト映画、アニメ、AV、トランス紀行、火炎放射器の作り方……。
まるで、アンダーグラウンド・カルチャーの闇鍋じゃないか!  だが、その“闇鍋感”こそが、この雑誌の真髄なのだ。

もし、このインタビューを読んで「ペキンパー」に参加したいと思われた方がいたら、是非連絡して欲しい。 「拒絶されるかも……」なんて考えずに、まずは行動だ!  時代に反逆し続ける! これからも「ペキンパー」をよろしくお願いします!